埼玉県川越市のお客様より電笠や氷コップなどの大正~昭和初期の和ガラスをお譲り頂きました。

 川越市のお客様より家屋の解体に伴いお声掛け頂きました。まず、出していただいたのは氷コップや古い印判のお皿から瀬戸火鉢、日用雑器など。買取査定の付かない物も御座いましたが出来るだけ引き取りをご希望との事でしたのでリサイクルできそうな物は極力引き受けさせて頂きました。

ウラン 三色 青 緑 金赤 乳白

全体的に一時期より相場は下がっていますが綺麗な氷コップです。もう一色、縁にでも色が入っていれば現在でも結構な値段で買取り出来たのですがあと1歩でした。電笠はまだお使いになっている状態でしたがもう解体するからとの事でご一緒に取り外して下さいました。

フリル 縁 吹きガラス

幾つかはここ数十年の間に新しく買われたものだそうでさほど古くない物も御座いますが殆どが戦前の吹きガラスです。まさに大正浪漫!と言った感じですね。お声掛け頂きありがとう御座いました!

杉並区善福寺のお客様より買取りさせて頂きました天皇家より御下賜された純銀製のボンボニエールです。

 お陰さまで忙しく更新が滞ってしまいました。今日、ご紹介するのは杉並区善福寺のお客様より大切にしてくれる方の元に届けて欲しいとのご依頼を受けまして当店にて買取させて頂きましたボンボニエールです。当時、伯爵だったお客様のお爺様が宮中の宴会に列席されたさいに御下賜された物だそうです。

純銀 天皇家 鶴 兜 李王家

ボンボニエールとはフランス語でもともと砂糖菓子(ボンボン)を入れる容器を指します。日本では明治時代より天皇の御即位や皇族の誕生、御成婚など慶事の折に催される宮中晩餐会の引出物として列席者に贈られる金平糖入れがボンボニエールと呼ばれています。手箱の意匠などシンプルな物から今回、買い取りさせて頂いた鶴や兜などの凝った物、また素材も銀製のものから陶磁器、漆器など様々あるようです。

写真右側の兜の意匠の物は大正15年の9月13日にスウェーデン皇太子アドルフ殿下・同妃との午餐会において御下賜されたお品です。外国人を意識して日本らしい意匠になっています。中央の鶴は大正15年の5月10日に大正天皇大婚25年祝典の夜、宮中餐宴会において列席者に御下賜されたお品です。こちらはボンボニエールと言っても入れ物にはなっておりません。

左側の菊の御紋のついた蘭鉢も銀製でお客様のお話では同様に宮中の宴会の折に御下賜された物だそうですが詳しいことは分かりませんでした。元々、内内の物ですし情報の少ないものもあるようです。また、今回ご紹介したボンボニエールは3点とも天皇家の物になりますが天皇家と同様に宮家や李王家、満州帝国皇帝が催した宴会の引出物として下賜された物もあり、李王家、満州国のボンボニエールなどはその希少性から特に高値で売買されています。

純銀 金平糖 ボンボン入 菊御紋 下賜 天皇家 李王家 満州

写真のものは梨本宮家の御紋のボンボニエール。こう言ったシンプルな物も御座います。銀製品だからといってけして重さで売却するようなことの無いようご注意下さい!銀の重さ以上の価値があります。これは何?と気になるものが御座いましたらお気軽にお問い合わせ下さい!

ご用命、誠にありがとう御座いました!

世田谷区のお客様よりお売り頂きました大樋年雄の水指(茶道具)のご紹介です。

 先日、大樋年朗(十代大樋長座衛門)の茶碗をご紹介させて頂きました流れで、昨年、世田谷区にて買取させて頂きました大量の茶道具の中の1点、大樋年雄の水指のご紹介です(売却済み)。

白釉 大樋長左衛門

大樋焼と聞くと大樋釉と呼ばれる代表的な飴色の釉(飴釉)や黒釉が思い浮かぶ方も多いかと思いますが中興の祖と呼ばれる五代大樋長左衛門が白釉を使いこなしたのにならいその後も用いられているのが今回買取りさせて頂きました大樋の白釉。飴釉、黒釉とはまた違う趣がありますね。すっとした角形に白釉、デザイナーとしても活躍する年雄氏らしい作品と言えるかも知れません。

大樋年雄(1958年~)
1958年に十代大樋長左衛門の長男として金沢市に生まれる。1981年に玉川大学文学芸術学科を卒業し、さらに1984年にボストン大学大学院を終了しました。大樋焼の陶芸家であり、陶壁、デザイン、空間プロデュースなどデザイナーとしても活躍しており、1997年にいしかわインテリアデザイン賞の大賞を受賞、2004年にはグッドデザイン賞も受賞している。

大樋年雄の作品、茶道具、はりきって買い取りさせて頂きます!

練馬区関町のお客様より大樋年朗の茶碗などお茶道具、古渡の香木などを買い取りさせて頂きました。

 練馬区関町のお客様より、ご遺品の整理に伴いお声掛け頂きました。1年以上前のチラシを大切に取っておいて頂いたとの事で嬉しい限りです。量はさほど御座いませんでしたがお着物、大樋年朗(10代大樋長左衛門)の茶碗などのお茶道具、刻みの香木、香道具(七つ道具)、掛け軸、その他贈答品を買取させて頂きました。

古渡 沈香 白檀 茶道具

大樋年朗(1927~)
大樋焼の陶芸家、10代目大樋長左衛門。1927年に九代大樋長左衛門の長男として生まれ1949年に東京美術学校(現、東京藝術大学)工芸科を卒業し1950年には日展に初入選する。その後も日展特選など受賞多数。1978年には金沢市工芸協会会長に就任、1980年に現代工芸美術協会の理事に就任。1986年に九代が無くなり87年に十代大樋長左衛門を襲名致しました。

今回買取りさせて頂いたお茶碗は十代を襲名する前の作品ですので30年~40年近く前の作品だと思われます。箱はだいぶ汚れておりましたが大切に扱われていたようでお茶碗は無傷。責任を持ってご愛用頂ける方の元へお届けいたします。

お声掛け頂きありがとう御座いました!

埼玉県狭山市のにて助丸の鑿(ノミ)や重延の鉋(カンナ)、電動工具など大工道具を買取させて頂きました。

 作業場の移転に伴いお声掛け頂きました。大型の工具や電動工具類は古い物が多くあまり値段は付けられませんでした。先代がお好きで集めてたと言う鉋や鑿などの大工道具が大量にあり、中には助丸のノミや重延のカンナなど価値ある道具も含まれており張り切って買取させて頂きました。

助丸 市弘 カンナ

鉋だけでこちらの写真の3倍以上あったかと思います。チビた物も御座いましたが殆ど使っていないような道具も含まれていました。中には少し変わった魚の形の切り出し小刀なども、、、

三代 助丸 鮎 鯉

三代助丸、鮎と鯉だそうです。こうなると実用のためと言うより鑑賞、コレクションの対象になってくるのでしょうか。今回は含まれていませんでしたが有名なところで左市弘や千代鶴(是秀)、長谷川幸三郎などの大工道具とは思えないような値のつく物も御座います。

お声掛け頂きありがとう御座いました!

東京都狛江市にて瀬戸火鉢、鉄瓶、見事な玉杢の花梨の座卓などを買い受けさせて頂きました。

 狛江市のお客様より家屋解体に伴い整理中との事でお声掛け頂きました。周りに瘤の付いた玉杢の見事な花梨の一枚板で出来た座卓や瀬戸火鉢、鉄瓶、その他、兵隊さんのブロンズ像、置き物から貴金属や花瓶や漆器などの贈答品まであらゆる物を買取させて頂きました。

瘤 玉杢 唐木

一般的な座卓は買い取りできない場合も多々御座いますが花梨や紫檀、黒檀などいわゆる唐木の無垢板で出来ているものであれば買取可能です(特に戦前など古いもの!)。今回買取りさせて頂いた座卓は天板は色褪せしてしまっていますが厚みが7cm程ある分厚い一枚板で小ぶりながら重さも50kg近くあると思われます。

お声掛け頂きありがとう御座いました!

東京都港区のお客様より掛軸(松林桂月など)や版画、茶碗などを買取りさせて頂きました。

 港区三田のお客様より査定のご依頼を頂きお伺い致しました。木箱に入った大量の掛け軸、共箱に入っていたのは松林桂月のみでしたが山岡鉄舟の書軸など個々に値段の付けられるものから、まとめての買取りになってしまうものまで大量に御座いました。その他、さほど高いものではありませんでしたが良い雰囲気の版画や茶碗や花瓶などの贈答品見せていただきました。

松林桂月 書 山岡鉄舟

買取価格を提示致しましたところ、それでは今日持っていってくださいとのこと(!)。査定のみとお聞きしていたので小さな車でお伺いしていたので焦りましたが何とか買取り可能なものは積み込み出来ました。バンだったらお引き取り出来た物もあっただけに準備の悪さを反省。常に最大限の準備をしておかなければ行けませんね。。。

お声掛け頂きありがとう御座いました!

東京都江東区にてお着物、ネックレスや指輪などの貴金属、三味線などをお譲り頂きました。

 江東区東砂のお客様より遺品の整理に伴いお声掛け頂きました。ウールが多く量の割りにあまり値段は付けられませんでしたが大量のお着物、そしてお客様もこんなにいつの間に買ってたんだろ!?、と驚かれていらしたネックレスや指輪などのアクセサリー類、お稽古用でしたが三味線などを買い取りさせて頂きました。

着物

お客様も着物の査定額をお伝えしたときはこんなにあるのにそれだけ?と、、、こちらとしても心苦しい瞬間でしたが、その後出て来た大量の貴金属を一つ一つ量り、査定、金額をお伝えすると今度は逆のご反応。結果的にはご満足頂けた様で安心致しました。

お声掛け頂きありがとう御座いました!

埼玉県新座市のお客様より二代目馬井助の浮きなどの釣り具やK14金時計などを買い取りさせて頂きました。

 新座市栄町のお客様より押入れの整理にともないお声掛け頂きました。魚を釣るよりも釣り道具を集めることに凝っていらしたそうでコツコツと買い集めた馬井助の浮きやへら竿など、また壊れてからしまいっ放しになっていたと言う14金無垢の腕時計などを買取りさせて頂きました。

二代目 浮き 塗り浮

初代は床屋を本業としていたため作品数も少なくあまりお目にかかりません。これらは「馬井助」、その名を広く世に知らしめた2代目の物です。桐箱付で名が付いているものであれば価格もさらに上がるのですが残念ながら全て箱は御座いませんでした。

金箔 群雲塗 

使わず飾って楽しんでいた、そのお言葉の通り状態はとても良いものばかり。緻密な塗り、丁寧に研ぎ出された金箔に黒い帽子が特徴とされていますが模倣した浮きも多数存在します。鑑賞するに値するだけでなくその視認性の良さと感度の良さは浮子としての実用性も高かったようで、使えば違いが分かる!と言うことなのでしょうか、ウキ自体に銘は入っていません。

近頃、ルアーフィッシングなどに押され気味のようですが当店ではヘラブナ釣り、たなご釣りなどの竿、浮き、タモなどの釣具の買取も喜んで承りますのでお気軽にお声掛け下さい。ありがとう御座いました!

東京都国分寺市にて色絵の皿、こけし、備前の香合、掛軸、ギターなどをお売り頂きました。

 国分寺市本町のお客様より建て替えにともないお声掛け頂きました。持って行ける物は出来るだけお願い、との事でお客様と共に2時間ほど掛けてお宅の中を拝見。値段のつけられそうなものを少しづつピックアップして行くと最終的には荷台が埋まるほどの荷物になりました。

古道具

伝統こけしや色絵の皿、鉢、魚型の鐘、備前香合、掛軸などに始まり、すっかり埃を被っていましたがお客様の青春時代の思い出の品という40年以上前のバイオリンベースや国産ビザールギター(エレキギター)なども買い取りさせて頂きました。晴れて気持ちの良い天気でしたが少し動くと直ぐに汗びっしょり、作業を終えて頂いた麦茶が美味しかったです!

バイオリンベース モズライトタイプ

お声掛け頂きありがとう御座いました!

 

東京都三鷹市のお客様より島岡達三の皿、北村西望のレリーフ、大国銘の鉄瓶などを買取致しました。

 家屋解体にともないお声掛け頂きました。島岡達三の皿や北村西望のレリーフ、岩田久利のガラス花瓶など作家物から大国造の鉄瓶、今右衛門の花瓶、ボヘミアのカットガラスの花瓶など大量の贈答品を買取させて頂きました。

島岡達三 北村西望 大国鉄瓶 岩田久利

島岡達三は食器棚から日用雑器とともに出てきたもので残念ながら箱は御座いませんでした。1枚はシンプルな象嵌皿、写真に写っているもう1枚は可愛らしい赤絵の草花が描かれたお皿でした。

島岡達三(1919年~2007年)

略歴
1919年 東京都に3代続いた組紐師、島岡米吉の長男として生まれる。
1939年 東京工業大学窯業学科に入学する。
1940年 濱田庄司を訪れ卒業後の入門を許可される。
1941年 太平洋戦争勃発のため東京工業大学窯業学科を繰り上げ卒業する。
1946年 復員、濱田庄司の門下となる。
1948年 土方冨美子と結婚する。
1950年 栃木県窯業指導所に勤務する。
      白崎俊次の古代土器標本複製、作成に協力する。
1953年 益子に築窯する。
1962年 日本民藝新作展にて日本民藝館賞を受賞する。
1968年 ロングビーチ州立大学、サンディエゴ州立大学の夏期講座に
      招かれ渡米、ヨーロッパを歴訪し帰国する。
1971年 第一回日本陶芸展に推薦招待出品する(以降、毎年出品)。
1973年 第一回中日本国際陶芸展に招待出品(以降、毎回出品)。
1978年 国画会会員になる。
1980年 栃木県文化功労賞を受賞する。
1994年 日本陶芸協会・金賞を受賞する。
1996年 民藝陶器(縄文象嵌)にて国指定重要無形文化財保持者
      (人間国宝)に認定される。
1999年 勲四等旭日小綬章を受章する。
2000年 中国北京故宮博物院に日本人陶芸家で初めて作品2点を寄贈する。
2002年 栃木県名誉県民第一号を授与される。
2007年 逝去。享年88歳。

渋谷区恵比寿のお客様よりロイヤルクラウンダービーの伊万里シリーズやウェッジウッドなど洋食器をお譲り頂きました。

 お引越し前の整理にともないお声掛け頂きました。Royal Crown DerbyのトリオやWEDHWOODのカップ&ソーサーなどの洋食器をはじめ銀製の帆船の置物、輪島塗の漆器など殆どお使いになっていない贈答品を色々と買取させて頂きました。多数御座いましたがやはり眼を引いたのは鮮やかな色使いに複雑な金彩模様が特徴的なロイヤルクラウンダービー、伊万里シリーズのトリオです。

トリオ カップ&ソーサー

今から100年も前に日本の伊万里焼が遠くヨーロッパの王侯貴族の間で流行し、またその地の老舗陶磁器ブランドの製品にその様式が取り入れられたと思うと浪漫を感じますね。底面にはメーカーマークと共にしっかりと「OldImari」の文字が記されていました。

お声掛け頂きありがとう御座いました!

練馬区豊玉のお客様より船木研児の飾り皿などを買取り致しました。

 遺品整理のさいにタイミングよく当店のチラシをご覧頂いたそうでお声掛け頂きました。陶磁器やタオル・毛布などの贈答品を多数、そして一番奥の納戸から出て来た古い家具や電笠、そしてタイトルの船木研児の絵皿、ロダンのブロンズ像(縮小複製品)など色々と買取させて頂きました。しきりと未使用の贈答品の方が値が付くと思ってたと驚いていたご主人、運び出しまでお手伝い頂きありがとう御座いました!

皿 黄釉 民藝 
船木研児(1927年~)

布志名焼の窯元、島根県指定重要無形文化財保持者の船木道忠の長男として生まれ布志名焼の黄釉とスリップウェアの技法を組み合わせた作品が多い。父、道忠が抽象的な紋様を得意としていたのに対し研児は具象的な絵柄が多く今回買い取りさせて頂いた鳥の絵に始まり鹿や梟、人物などの飾り皿が多く見られます。

略歴紹介
1927年 島根県で生まれる。
1945年 島根県師範学校本科を中退し父、道忠の作陶を助ける。
1950年 栃木県益子を訪れ濱田庄司に師事する。
      日本民芸館賞を受賞する。      
1959年 日本陶磁協会賞を受賞する。
1967年 イギリスのバーナード・リーリ工房にて研修を受ける。
1969年 日本陶磁協会賞を受賞する。
1986年 第3回茶の湯造形展にて奨励賞を受賞する。
1995年 第12回田部美術館大賞展にて優秀賞を 受賞する。

 

杉並区阿佐ヶ谷にて康煕通宝や文久通宝などの古銭を大量に買い受けさせて頂きました。

 杉並区阿佐ヶ谷のお客様より家屋解体前の整理にともないお声掛け頂きました。昭和初期の木製本棚や瀬戸火鉢、贈答品などを買取りさせて頂きました。やけに重い欅の箱に入っていたのは大量の古銭。寛永通宝をはじめ、乾隆通宝、文久通宝、康煕通宝、嘉慶通宝など多種多様な古銭です。

寛永通宝 康煕 乾隆 文久 嘉慶

1個1個ではさほど価値はありませんが未選別で10kg近くあり種類も豊富でしたそれなりの値段をつける事ができました。銅や鉄でできた古銭はあまり価値はなく買取が難しい物も多いですが銀貨や金貨、小判になるとびっくりするような査定が付く物も御座います。引き出しに眠っている古銭など御座いましたら是非お声かけ下さい。

ありがとう御座いました!

埼玉県川越市のお客様より組み立てていないトミーの旧ゾイドを多数お売り頂きました。

 発売当時、ご多忙のため組み立てる時間が無く、買っては仕舞い買っては仕舞いそのままクローゼットを占領していたそうで今回整理のために旦那様より(泣く泣く)買取りさせて頂きました。

未組立 未開封 ZOIDS 

ウルトラザウルスやデズザウラーなど大型の物から

ZOIDS

小型の物まで。子供では当時ここまで買い揃えられた子は殆どいないのは無いでしょうか。旦那様の心中をお察しすると少し心苦しくありましたが良い状態でこんなに沢山出てくることはめったに無いので当店にとっては嬉しい買取りでした(?)すいません、、、そして、お声掛け頂きありがとう御座いました!

宅配買取にて高知のお客様より血赤珊瑚(サンゴ)の帯留、指輪などをお譲り頂きました。

 高知県のお客様より血赤珊瑚の帯留や指輪、ネックレスなどを買取りさせて頂きました。相見積もりとのことで目一杯、頑張りました。流石は高知県産、深みのある濃い赤色です。他の赤珊瑚と並べてみてもその赤味はワンランク上、まさに宝石ですね。携帯カメラで撮影なので色味が実物よりもイマイチですが大きさは伝わりますでしょうか、、、

高知県産 指輪 ネックレス

上の写真は帯留です。帯留は指輪やネックレスに比べてやや査定は落ちますがこちらは大きさも大きく意匠も中国の方が好みそうな花鳥図、出来るだけの査定をつけさせて頂きました。現物を拝見しなくてもお写真とサイズ、重さなどからある程度の目安としての査定額は提示可能です。遠方のお客様でもまずはお気軽にご相談下さい。

ありがとう御座いました!

世田谷区等々力のお客様より茶道具や鉄瓶、中国の鼻煙壷などを買取りさせて頂きました。

 世田谷区等々力のお客様より家屋解体前の整理に伴いお声掛け頂きました。使わなくなったと言う茶釜や茶碗など茶道具、銅蓋の鉄瓶、そして中国人の知り合いから30年前位前に頂いたと言う鼻煙壷などを買取させて頂きました。

買取した茶道具

お茶道具はお稽古用が殆どであまり良い値段はつけられませんでした。鼻煙壷だけは少し古く、真面目な物でしたので1点で値段をつけさせて頂きました。鼻煙壷の底面には大清道光年製と入っています。大きさは数センチですが龍が波間を翔る迫力ある意匠が施されています。陶器で金具部分は銀でしょうか。見たところ中華民国時代以降に作られた物だと思われますが匙は象牙なので大量に出回っているお土産品より上等な物です。

中国 大清道光年製 銀 珊瑚 象牙

鼻煙壷とは嗅ぎ煙草を入れておく小壷で英語圏ではスナッフボトルと呼ばれています。素材は今回のような陶磁器のものから象牙や翡翠、玉、珊瑚、そしてガラス(乾隆硝子)など様々あり、また細かな装飾も施されていることから日用品としてではなくコレクションの対象としても人気があります。似たようなものが転がっていたら是非お声掛け下さい!

ありがとう御座いました!

新宿区四谷のお客様より買い取りさせて頂いた佐藤照雄の裸婦画です。

 新宿区四谷のお客様より買取りさせて頂きましたリアリズムを追求した写実画で人気の洋画家(物故)佐藤照雄の裸婦像です。風景画や人物画など様々な作品がありますが中でも裸婦画に人気があるようです。作品の多くは油絵ですがこちらはパステル画でした。

裸婦画
佐藤照雄(1926年~2003年)

略歴
1926年 朝鮮にて生まれる。京城師範普通科。
1943年 上京、東京美術学校にて学ぶ(中退)。
      学徒動員で日本帝国海軍に召集される。
1960年 新制作展に出品する。
1971年 安井賞展にて入選する。
1972年 新鋭選抜展に出品する。
1975年 海を書く現代絵画コンクール展にて入選する。
1994年 佐藤教室開設
      練馬区立美術館、日動画廊、百貨店など個展多数開催する。
2003年 死去、享年76歳。

埼玉県所沢市にて買取致しましたノリタケのティーセット(ダイヤモンドコレクション)です。

 2000年に廃版となってしまいましたが当時、最高の素材と技術をもって世界最高レベルの白磁とも言われる人気シリーズでノリタケの食器の中では中古市場でも特に高値で売買されているようです。今回、買取させて頂いたのはカップ&ソーサーからポット、プレートまでほぼフルセット、そしてすべて未使用と言う完璧な状態でした。

ティーセット カップ ソーサー

数十万円でご購入されたそうですがこのまま持っていても使わないので、という事で買い取りさせて頂きました。次のオーナー様の元で日の目を見ることと思います。ついで、と言っては何ですがその他にも古いカメラや洋酒、未使用の漆器類などお出し頂きました。お声掛け頂きありがとう御座いました!

埼玉県川越市のお客様より勲章や従軍記章、鉄瓶、ちゃぶ台、掛軸などを買受け致しました。

  川越市のお客様より遺品の整理で色々と古いものが出て来たから見て欲しいとのご連絡を頂きました。あらかた整理された後で目ぼしい物はまとめてあり、そこにあった物は一部家具類を除き殆ど買取りさせて頂きました。買い取りさせていただいたものの中では国境事変の従軍記章がやや珍しいでしょうか。よく見るものですが支那事変従軍記章、勲八等白色桐葉章も御座いました。

勲章 従軍記章

国境事変の従軍記章は日本国ではなく満州国(満州帝国)が発行したものなので菊の御紋ではなく満州の国章、蘭花御紋徽があしらわれています。国境事変と聞くと、ピンときませんがいわゆるノモンハン事件のさいの従軍記章です。その他、三味線、鉄瓶、銀杯、ちゃぶ台、掛軸など色々とお譲り頂きました。

古道具

お声掛け頂きありがとう御座いました!

西東京市保谷のお客様よりタミーちゃん、リカちゃん、ママレンジ、ミニカーなど昔の玩具をお売り頂きました。

 お引越しにともないお声掛け頂きました。天袋から出てきたそうで存在じたい忘れていた子供の頃に遊んだおもちゃだそうです。お兄様のミニカーやウルトラマングッツなど男の子のオモチャからお客様のリカちゃん人形など女の子の玩具まで。殆どが元箱も残っており当時から大切にされていたことが伺えます。

古いおもちゃ

お客様とお兄様、それぞれ1点づつ思い出としてお手元に残し、残りは全部買取りさせて頂きました。古いおもちゃはコレクターさんが沢山いらっしゃいますので今後も新しいオーナー様の元で大切に受け継がれていくかと思います。

お声掛け頂きありがとう御座いました!

練馬区貫井のお客様より買い取りさせて頂きましたアンティークウォッチ(BLOVAなど)です。

 練馬区貫井のお客様より買取りさせて頂きました。以前、ご趣味で集めてらしたそうでBLOVAやELGIN、LONGINESなどの金張りアンティーク時計を十数本です。金無垢のモデルがあれば値段も一気に上がりますが残念ながら全て金張り、また丸に比べてやや相場の下がる角型が殆どでした。状態は動作品から不具合のあるものも御座いました。

ロンジン ブローバ エルジン

話がまとまった後でお聞きしたところ、ブランドの買取りショップさんで一度断られてしまったそうです。現行ロレックスなどでは負けてしまうかもしれませんが上記のような古い腕時計や懐中時計、壊れてしまった機械式の時計などでも当店はしっかり査定を出させて頂きます。

お問い合わせ頂きありがとう御座いました!

練馬区石神井にて買取させて頂きました油彩の風景画(金子東日和)です。

 練馬区石神井にて買取りさせて頂きました金子東日和の油絵です。金子東日和は風景画、特に茅葺屋根の古民家を中心とした田舎の風景作品を得意とする画家です。今回査定させて頂いたのは雪景色と写真の紅葉2点でした。お客様がどちらか1点はお手元に残されたいと言うことでご相談の上、やや画面に劣化が見られた紅葉の方を買い取りさせて頂きました。

油絵 田舎 福島県
金子東日和(1946年~)

略歴
1946年 東京に生まれる。
1966年~99年 日本美術愛好同人習美会展出品(日本画~洋画)
1971年~75年 日本画院出品(以降、油絵に転向する)
1977年~79年 第6・7・8回現代洋画精鋭選抜展銅賞
       その他、個展多数。現在無所属。

ありがとう御座いました!

三鷹市深大寺にて服部製の銀瓶(銀湯沸し、純銀湯沸)を買取りさせて頂きました。

 三鷹市深大寺のお客様よりお声掛け頂きました。当初、重さが○×グラム位あるのですが幾らになりますか?とのお電話を頂きました。お近くの貴金属買取ショップでは重さ基準の査定だったそうです。もちろん、当店では「銀瓶」としての査定額にて買い取りさせて頂きました。合わせて桐箱に入った陶磁器、クリスタルガラスなどの贈答品もお譲り頂きました。

純銀湯沸

湯沸しとしては小ぶりな方でしょうか、服部製の細かい槌目が綺麗な純銀製の湯沸し、いわゆる銀瓶です。少々煤けていますが凹み等は無く良い状態かと思います。元々高価なお品物ですが現在中国の方々が買い求めている為、ここ数年は特に高額にて売買されています。お使いにならない急須や瓶、茶托などの茶器が御座いましたら是非お声かけ下さい。

ありがとう御座いました!

宅配買取にて青森県のお客様より津軽三味線用の象牙の糸巻をお譲り頂きました。

 1点のご依頼で出張対応が出来ない遠方だったため宅配買取にて対応させて頂きました。お問い合わせ頂いたのは津軽三味線用の糸巻き。最大太さ約3cmの立派な糸巻きです。

津軽三味線

お電話にて大体のサイズ、状態をお聞きして目安の査定額を提示、当方が手配致しました宅配便にてご発送頂きました。実物を拝見して最終的な買い取り金額を提示しご納得頂きましたので代金を送金しお取引き完了です。当店では少量、遠方の場合でも宅配にて買取り対応が可能です。些細な物でもお気軽にお問い合わせください。

物により実物を拝見してからでないと分からない部分もあるため最初に提示する査定額は暫定的なものになりますが当店は出来るだけ実際に買い取り出来る金額を提示し、実物拝見後に査定額が大幅に下がるような事が無いよう努めております。出来るだけ多くの情報をお伝え頂くとより確実な査定が提示出来ますので気になる点など御座いましたら予めお伝え下さい。

お問い合わせありがとう御座いました!

練馬区の大泉学園店に安政丁銀、オリンピック記念硬貨、カルティエの腕時計などをお持込み頂きました。

 大泉学園店にお持込み頂きました。安政丁銀は良く見る物よりもやや大きめで重さも300g近い物でした。その他、鉄製の刀の鍔を3枚、ソウルオリンピックの記念銀貨やカルティエの腕時計などを買取りさせて頂きました。残念ながらロレックスは箱のみでした。

古銭 銀貨

安政丁銀は江戸幕府最後の秤量貨幣で安政6年(1859年)から鋳造され、明治政府に変わり廃止されるまで使われていたようです。「銀」という文字が名称に入っていますが銀の含有量は10数%のみで大部分を銅が占めています。お客様のお宅にはかつてこの他にも小判や一分銀など多数あったそうですが10年程前に全て処分して、こちらの1つだけ何処かに紛れており今回の片づけで出てきたそうです。

また何か古いものが出てきましたら是非、お声掛け下さい。ありがとう御座いました!

 

 

埼玉県所沢市のお客様より紫檀のテーブル、椅子のセットを買い取りさせて頂きました。

 所沢市松ヶ丘のお客様よりお引越しにともないお声掛け頂きました。ずっしり重い紫檀の机と椅子のセットから油画、陶磁器、贈答品など長年仕舞いこまれてものを大量に買取りさせて頂きました。

紫檀 椅子 机

こちらの紫檀のテーブルと椅子のセットは20年程前の物でさほど古い物ではありませんでしたが状態はとても良いものでした。戦前の唐木の中国家具であれば物によっては多少破損などがあっても驚くような査定がつくものも御座いますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

お声掛け頂きありがとう御座いました!

埼玉県新座市のお客様より茶碗や水指、棗などの茶道具を買取致しました。

 新座市栄町のお客様より物置の整理にともないお呼び頂きました。風炉釜、水指、棗、茶碗などのお稽古用の茶道具をはじめ、銀製の高月(菓子器)や贈答品を多数買取りさせて頂きました。

棗 水指 茶碗

赤楽の茶入は古い象牙の蓋付でぽってりした形が味わい深い一点です。ただ箱が無いのが残念(お茶道具は箱が評価の半分と言われたりもします)。底面に花押のような印が刻まれていますが不勉強のため作者不明(おそらく和尚さんのもので評価の高い作家ではありません)。お茶道具はお稽古用から喜んで買い取りさせて頂きます。

純銀 菓子器

菓子器や茶托などの銀器でしたら重さ以上の査定額が付きます!特に銀の急須、銀瓶などは高額査定が付きます。お使いにならずに真っ黒に焼けてしまった銀製品でも問題御座いません。お気軽にお問い合わせ下さい。

この度はありがとう御座いました!

東京都杉並区のお客様より鶏血石の印材や筆、純銀製の文鎮などを買受け致しました。

 杉並区本天沼のお客様よりリフォーム前の整理にともないお声掛け頂きました。鶏の血のような真っ赤な斑点が綺麗な中国原産の石、鶏血石の印材、純銀製の文鎮、班竹の筆など書道の道具をはじめ、唐木の文机、仙台箪笥、作家物陶磁器、贈答品などトラックに一台分の荷物を買い取りさせて頂きました。

鶏血石 筆 風鎮

鶏血石は近年中国でも採掘量が減っており大変貴重なもので、現在偽物も多数売られております。こちらは数十年前に日本に入ってきたと思われる真っ赤な斑点が綺麗に出た石です。当店では鶏血石に限らず中国の古い印材や古墨など喜んで買取させて頂きます。

お声掛け頂きありがとう御座いました!

立川市曙町にて買取り致しました杉本貞光(立花大亀書付)の花入です。

 先日買取りさせて頂きました信楽焼の名工、杉本貞光の花入です。素朴でいて荒々しい素地に自然釉がかかり部分的に黒褐色の焦げ、背面にはあかく焼けた火色など信楽の特徴が良く見て取れる花入です。杉本貞光が教えを受けたと言う大徳寺の立花大亀による箱書です。

立花大亀書付 信楽焼
杉本貞光(1935年~)

略歴
1935年 東京に生まれる
1968年 信楽山中に穴窯を築窯し茶陶信楽とレリーフの制作を開始する。
1974年 大徳寺立花大亀老師より指導を受ける
    沖縄海洋博にレリーフを制作する。
1979年 茶陶伊賀の研究、制作をする。
    大徳寺・如意庵、東京・日本橋など各地で個展を開く。
1981年 長次郎風の黒茶碗、光悦風の赤茶碗の研究制作をする
1985年 高麗物、井戸、粉引の研究、制作をする
1991年 ロックフェラーセンター・ギャラリーゼロにてアメリカ初の個展を開く
1992年 湯木美術館に作品が収蔵される。
1993年 井戸・粉引・高麗物を制作、発表する。
     ミュンヘン・ギャラリーフレッドハーンスタジオにてドイツ初の個展を開く
1994年 アメリカ、エール大学美術館に作品が収蔵される。
1995年 自然灰釉による彫塑を制作する
1999年 古信楽土を発見する。
2000年 古信楽土再発見及び研究、制作発表する。
2002年 京都・建仁寺晋山記念として井戸茶碗を献納する。
2003年 韓日陶芸展に招待出品し、作品が収蔵される。

2005年 滋賀県立陶芸の森陶芸館に作品が収蔵される。
2006年 伊賀焼専用の穴窯を築窯する。
2008年 アメリカ、クラーク日本美術・文化研究センター館に作品が収蔵される。
2011年 蕎麦、伊羅保の制作完成し野村美術館にて個展を開く。
2012年 アメリカ、ロサンゼルス・カウンティ美術館に作品が展示される。

東京都立川市のお客様より金城次郎の大壷などをお売り頂きました。

 遺品整理にともないお声掛け頂きました。40点以上の焼き物の他、亀文堂の鉄瓶、花梨材の座卓などを買取りさせて頂きました。備前焼、信楽焼がお好きだったようで殆どがそれらの近代作家の物。一点でそれなりの評価が付いたのは表題にある金城次郎の壷、そして杉本貞光の信楽焼の花入。

それでも量がありましたので個々に査定をし合計すると結構な金額となり不用品の片付け費用が賄えそうだと仰っておりました。こちらも大量の入荷、嬉しい限りです。お声掛け頂きありがとう御座いました!

人間国宝 壷屋焼 壷屋三人衆
金城次郎(1912年~2004年)

略歴
1912年 沖縄県に生まれる。
1924年 那覇市壺屋の新垣栄徳の製陶所に入門する。
1939年 「工藝」にて紹介される。
1946年 那覇市壺屋に独立し工房を開く。
1954年 新垣栄三郎と陶芸二人展を開催する。
1955年 第29回国展に初入選する。
1956年 第30回国展にて新人賞を受賞する。
1957年 第31回国展にて国画会賞を受賞、会友となる。
1958年 ルーマニア国立民芸博物館に「抱瓶」、「魚紋大皿」の2点が収蔵される。
1966年 明治神宮例大祭奉祝第4回全国特産物奉献式に「長型花瓶」を献納する。
1969年 日本民藝館展にて日本民藝館賞を受賞する。
1971年 第1回日本陶芸展に入選する。
1972年 沖縄県無形文化財に認定される。
1973年 国展会員となる。
1974年 沖縄県指定無形文化財工芸展に出品する。
1977年 現代の名工労働大臣賞に表彰される。
1981年 勲六等瑞宝章を授章する。
1985年 重要無形文化財(人間国宝)「琉球陶器」保持者に認定される。
1993年 勲四等瑞宝章授章。
2004年 死去。享年92歳。

東京都文京区にて人間国宝宮入行平の息子、宮入恵の刀を買い取り致しました。

 文京区音羽のお客様より花瓶や木彫りの置物があるからとの事でお声掛け頂きました。一通り査定を終えてお支払いという所で、これも見て欲しいと出して頂きましたのが表題の刀でした。現代刀ではありますが人間国宝宮入行平(昭平)の息子、高松宮賞など数々の受賞暦を持つ刀匠、宮入恵の刀です。

宮入小左衛門行平 人間国宝

現在は「宮入小左衛門行平」として活躍、2000年には公益財団法人日本美術刀剣保存協会の新作名刀展無鑑査に認定されております。高松宮賞を受賞し無鑑査に認定されてからの刀のほうが自ずと評価は高いのですがこちらも良く手入れされた状態でしたのでお客様にご納得頂ける査定を付けることが出来ました。

お声掛け頂きありがとう御座いました!

西東京市中町でお譲り頂いた人間国宝の高橋敬典の筒釜、鉄瓶のご紹介です。

 先日買取りさせて頂きましたお茶道具の一つ、人間国宝高橋敬典の釜、鉄瓶のご紹介です。買取をしていても比較的良く出会う釜師の一人でその人気が窺い知れます。どちらも少々錆は御座いますが使用感の少ないお品でした。

筒釜 雲龍紋 浜松地紋

釜の方は雲龍釜と呼ばれる釜で、その名の表すとおり胴部分に雲に乗って昇天する龍が鋳出されております。姿は筒型、大中小のサイズがありますがこちらは中になります。共蓋に付いた掻立の摘も特徴の一つでしょうか。鉄瓶の方は山形の鉄瓶でよく見る意匠の一つ、浜松地紋が鋳出された真形で、銅蓋の付いた鉄瓶です。

高橋敬典(1920~2009年)

略歴
1920年 山形市に生まれる。
1938年 家業の鋳物業を継ぎ茶釜制作に打ち込む。
1951年 日展で初入選する。以降、7回入選。
1961年 昭和天皇の山形県行幸に際し釜を献上する。
1963年 日本伝統工芸展奨励賞を受賞する。
1972年 日本伝統工芸展監査委員となる。
1979年 皇太子明仁親王殿下(今上天皇)の山形県行啓で釜を献上する。
1992年 勲四等瑞宝章を受章する。
1996年 重要無形文化財(人間国宝)「茶の湯釜」保持者に認定される。
2009年 死去 89歳。

釜師敬典の作品、喜んで買い取りさせて頂きます!

東京都西東京市のお客様より置水屋や茶釜、皆具など茶道具などを買取致しました。

 西東京市中町のお客様より遺品整理にともないお声掛け頂きました。お茶道具から絵画、お着物、洋食器など多岐にわたる品々を買取りさせて頂きました。茶碗、茶入などの小ぶりなお茶道具は貰い手がいらしたそうですが杉の無垢材で作られた立派な置き水屋を筆頭に風炉釜や水指、皆具などやや嵩張るお道具はどなたも手が挙がらなかったそうです。当店では置き水屋や屏風、喫架などの大きな道具でも喜んでお買い取りさせて頂きます。

皆具 野点 風炉

どちらも大切に保管されておりましたので良い状態の物ばかりです。
お声掛け頂きありがとう御座いました!

桃色珊瑚の観音像(鎌倉泰仙)などを買受けいたしました。

 中野区東中野のお客様より買取りさせて頂きました。数ある買取り業者の中から当店に決めて頂きうれしい限りです。現在、高騰が騒がれている珊瑚ですがこちらの仏像は数百万円でお買いになられたとのこと。以前より安いものではなかったわけですね。

仏像 鎌倉泰仙

こちらは高知県産の桃色珊瑚から彫り出された聖観音像です。作者は数々のコンテストで受賞を果たす珊瑚彫刻家で唯一の日展作家、鎌倉泰仙。小ぶりな作品ですが観音様の柔和な表情まで見事に彫り込まれています。お伺いしたところ事前の事前のお見積もりの際には無かった血赤珊瑚のペンダントヘッドもお譲り頂きました。

お声掛け頂きありがとう御座いました!

東京都世田谷区にて尺八などを買取りさせて頂きました。

 世田谷区は烏山のお客様より遺品整理に伴いお声掛け頂きました。晩年、ご趣味で演奏されていたという琴古流の尺八(竹製 在銘 一尺七寸、八寸、九寸)をはじめ陶磁器、贈答品、絵画などを買い取りさせて頂きました。

琴古流 1尺8寸 銀

尺八の孔(穴)は一般的に5つですがこちらは7つの孔がある七孔尺八です。一部、邪道などと言う方もいらっしゃるようですが半音階の音を吹きやすいため古典曲以外を演奏される方に好まれているようです。試しに息を吹き込んでみると素敵な音色が、、、フ~・・・鳴りません(汗)。査定の際に吹けたらカッコもつくのですが吹けない私は竹材、歌口や中継ぎの材質や細工、管尻、銘、状態などから買取額を算出しております。

銘と長さ、状態からある程度の買取り金額を提示できる尺八も御座いますのでまずはお問い合わせ下さい。

お声掛け頂きありがとう御座いました!

東京都練馬区のお客様より純銀火屋の香炉(清水六兵衛)などをお売り頂きました。

 練馬区石神井町のお客さまより遺品の整理にともないお声掛け頂きました。五代清水六兵衛の香炉(銀火屋)をはじめ数十年は押入れに仕舞い込まれていたという陶磁器などの贈答品を多数買取りさせて頂きました。

鉄釉 銀火屋

火屋には銀特有の変色が見られますが使用された形跡の無い非常に状態の良い香炉です。

清水六兵衛 香炉

透かし彫りで草花紋を施された純銀の火屋が素敵です!ありがとう御座いました!

清水六兵衛
京焼の窯元の一つで江戸後期に初代 清水六兵衛が京都五条坂に開窯する。初代~三代は古藤六兵衛、 三代の時に清水六兵衛(しみずろくべえ)に改め五代の時に読みを現在の「きよみず」に改めた。当代で8代目。各代が先代の作風を受け継ぐのではなくそれぞれの代が独自の作風で作陶している。

五代清水六兵衛(清水六和)(1875年~1959年)
略歴紹介
1913年 五代清水六兵衛を襲名する。
1922年 フランス・サロン会員になる。
1927年 帝展審査委員に就任する。
1928年 緑綬褒章を受章する。
1930年 帝国美術院会員になる。
1931年 フランスよりエトワール・ノワール勲章を受賞する。
1937年 帝国芸術院会員になる。
1945年 六和と改名し長男に家督を譲る。
1959年 死去 85歳。

 

埼玉県所沢市にて鉄道模型(Nゲージ)やミニカーなどを買い取り致しました。

 2年程前に撒いたチラシを元にお電話頂きました。長い間、手元にとっておいて頂いたと思うと感謝感激です。今回は物置を整理しているとの事でNゲージを中心にミニカーやラジコン、キャンプ道具などお使いにならなくなった趣味用品を買取りさせて頂きました。

鉄道模型

綺麗に元箱に仕舞われていて大切にされていたことがうかがえます。お声掛け頂きありがとうございました!

東京都三鷹市にて着物、帯留(和同開珎、翡翠)などをお譲り頂きました。

 三鷹市下連雀のお客様より大量のお着物そして帯留などの和装小物を買取りさせて頂きました。着物は箪笥四棹分、帯留は翡翠や珊瑚など売れ筋のものも御座いましたし着物類だけの買取でしたがかなりの金額になりました。丈もすべて標準丈を満たし、状態もシミなどは見受けられず半分は仕付け糸の付いたままの状態であまり袖を通されなかった物が多かったようです。

泥大島 本場奄美大島 伝統工芸

帯留で面白かったのはこちら、

日本最古 流通貨幣

日本最古の流通貨幣と言われる和同開珎に18金で枠をつけた帯留です。渋いですね。ただ、こちらは帯留としてではなく古銭としての価値の方がありそうです。古銭として欲しい方には金の枠は不必要。しかし、せっかく形になっている物をバラすのも気が引けます。。。どうしたものでしょう。

お声掛け頂きありがとう御座いました!

雲龍の彫刻の入った象牙を一対買取りさせて頂きました。

 豊島区池袋のお客様より雲龍の彫り込まれた象牙の置物を一対買取させて頂きました。昔、お土産に貰ったものだそうですがお問い合わせ頂いた際は登録票がありませんでした。牙の形を残しておりますので登録票が必要ですので取得の方法をご説明致しましたところ先日無事交付されたとご連絡を頂きました。

雲龍彫刻 置物

昔からあるものでしたら登録票が無いのが当然で、何も問題は御座いませんが売買、譲渡する際には必要になります。一般財団法人 自然環境研究センターへ登録の申請を行います。多少の手間がかかりますが簡単な手続きです。当店に売却していただける場合は登録手続きを代行することも可能ですのでお気軽にご相談下さい。

ありがとう御座いました!

東京都世田谷区にて日本海軍の大礼服・大礼帽・肩章などを買い受け致しました。

 世田谷区等々力のお客様よりお声掛け頂きました。軍服との事でお伺いしましたところ旧日本海軍の大礼服・大礼帽・肩章から儀礼刀まで一式揃いのご依頼でした。出てきてもトランクに仕舞いっぱなしでカビや虫食いのある物が多いのですがこちらは大切に保管されていたようで70年以上の時を感じさせない素晴らしい状態でした。

大礼服 軍服

正肩章を見ると房(総)が付き海軍の錨マークに五七の桐、そして横桜が一つありますので中佐の物でしょうか。

お声掛け頂きありがとう御座いました!

 

東京都杉並区にてJBLのオリンパス(S8R式)と蜂の巣ホーン(HL88)を譲って頂きました。

 杉並区高円寺のお客様よりお宅を建て替え後に置くスペースが無くなるとのことで買い取りさせて頂きました。木製格子はお子様のいたずらにより一部欠損がありましたがその他はエッジ含め良い状態でした。思い入れのあるスピーカーだったようでご夫婦共に寂しそうでしたが引き取り先が見つかって良かったと送り出して下さいました。お声掛け頂きありがとう御座いました!

D50 S8R HL88

JBLやタンノイなどのスピーカーはエッジが破れていても買い取り可能です。捨てたりせずにまずはご相談下さい。

 

 

東京都八王子市にてお茶道具(色絵備前香合など)を買取りさせて頂きました。

 お茶の先生だった方の道具が数十点ということでお伺い致しました。周りの方に譲られた残りだったようで殆どがお稽古用でした。が、数点は残り物があり、その中でも写真の1点は個人的にヒット。これ1点でもお伺いした甲斐ありです、お声掛け頂きありがとう御座いました!

裏千家 15代 鵬雲斎 書付

先ほど妻に、これを見てゾクッときた、と写真を見せるとプッっと鼻で笑われてしまいました。誰もが認める美術品もあればそうでない物もあるでしょう。骨董品なんて物はなおさらですかね。しかし、書付がある!これは鵬雲斎サマも認めた一品なのです!って、めちゃくちゃ権威主義的ですね。

色絵備前ですが、江戸中期に備前岡山藩主池田家によって始められた城内後楽園の御庭焼で細工物と呼ばれ彫刻像の素焼きの上に胡粉で地塗りをし彩色を施した焼き物で精巧且つ装飾的な木彫風な作品が特徴だそうです。主に藩主の進物など藩の御用で作られたためあまり一般に出回らなかったようですね。

さて、このウンチクを読むとさらにこの香合が素敵に見えてきたりしませんか?と、まぁ、何はともあれワタシ個人的には箱書云々置いておいて手に取ったときにグッときたんですよね。。。皆さんは如何でしょうか。

練馬区大泉学園店にティファニーのダイヤリングなどをお持ち頂きました。

 使わなくなって仕舞い込んでいた貴金属をいろいろとお持込み頂きました。アクセサリーとして買取り出来た物はティファニーのダイヤリングやK18WGのサファイヤの付いたリング、プラチナ900のダイヤリングでした。その他、片方だけのピアスや切れた18金のネックレスなどは重さとしての査定になりましたが箪笥の肥やしにしていても仕方ないから、との事で買い取りさせて頂きました。

金、プラチナのアクセサリー

重さとしての買い取り価格はもちろん地域最高値を意識しておりますし、ダイヤ付や珊瑚、翡翠などの指輪は特に他店様に負けない金額を目指しています。お使いにならなくなった古いアクセサリーなど御座いましたら是非当店にお声掛けください。

ありがとう御座いました。

長野県にて観音像(青木木米)や根付、掛け軸などをお売り頂きました。

 チラシをご覧になったお客様より大正時代に建てられたご実家を解体するとの事でお声掛け頂きました。買い取りできる物があるか分からない状況でしたが「古いお宅」、「何も片付けていない」という事でしたので何か1点でもあればと思い本日お伺い致しました。

国道254号線をひた走り長野県佐久市へ、、、

国道254号線

と言うのは冗談ですが川越街道で馴染みのある国道254号線、実は長野県の松本市まで続いていたんですね、、、今回初めて知りました。実際は高速を使って2時間もかからず目的地へ到着いたしました。都内で渋滞にはまりながらの2時間よりも空いた道路で2時間の方が楽に感じますね。

買い取りの方も手ぶら覚悟ではありましたが大量の着物に始まり陶磁器類、掛軸、根付からヘレンドやリモージュ等の洋食器、そしてこのお屋敷を建てたときから玄関ホールを照らしてきた素敵なガラス照明やユンハンスの柱時計までわざわざ外して頂き、多種多様、大量に買い取りさせて頂きました。量が読めなかったため1人でお伺いしてしまいましたが積み込みをご家族でお手伝い頂き大変助かりました。お声掛け頂きありがとう御座いました!

仏像

東京近郊はもとより関東一円、場合によっては日本全国お伺いいたしますので古いお屋敷を解体される際など、お気軽にご相談下さい。

 

東京都練馬区のお客様より短刀(榎本竜義)、鍔、縁頭を買い取り致しました。

 練馬区関町北のお客様よりお父様のご遺品の白鞘入りの短刀(榎本竜義作)、鍔、縁頭などを買い取りさせて頂きました。手入れの方法もわからず駄目にしてしまう前にどなたか大切にしてくれる人に譲りたいとのことでした。

現代刀 榎本竜義 短刀

榎本竜義は月山貞一門下の無鑑査刀匠である榎本貞吉(湧水子貞吉)を父に持つ昭和26年生まれ、静岡県三島市の刀匠で新作刀展などで多数の受賞を果たしています。今回買取りさせて頂いたのは銘は「竜義」ですが伊豆住竜義作とも銘を切ります。切れ味が鋭いことで有名な父、貞吉譲りの良く鍛えられた柾目肌が見事な短刀です。

お声掛け頂きありがとう御座いました!

埼玉県狭山市のお客様よりリトグラフ(中島千波)などをお譲り頂きました。

 遺品の整理に伴いお声掛け頂きました。書の掛軸や本蛤の碁石に碁盤、お着物、木彫りの仏像、そして絵画、桜のシリーズで人気の作家、中島千波のリトグラフなどなどいろいろと買取りさせて頂きました。お声掛け頂きありがとう御座いました!

身延山枝垂桜
中島千波(1945年~)

略歴紹介
1945年 長野県小布施に生まれる。
1969年 東京芸術大学日本画科を卒業する。
1985年 東京セントラル美術館、裸婦大賞展にて大賞を受賞する。
1990年 横浜三溪園臨春閣の襖絵「不二と桃花図」「松林図」を完成する。
      日本美術院特待となる。
1991年 第46回春の院展、第76回院展にて奨励賞を受賞する。
1992年 長野県に「おぶせミュージアム・中島千波館」開館する。
1994年 鎌倉の鶴が岡八幡宮、斎官貴賓室床の間壁画完成披露。
      伊藤彬、中野嘉之、林功らと「日和麗麗孔雀の図」グループ「目」を結成。
1997年 「中島千波の花宴展」を京都、東京で開催する。
1998年 「花と富士 中島千波屏風絵展」を東京で開催する。
2004年 深川不動堂の内仏殿格天井画「大日如来蓮池図」が完成する。
2006年 小布施名誉町民に選定される。
2007年 東京藝術大学創立120周年記念企画日本美術「今」展を開催する。
2010年 中島千波の花鳥画の世界展-平成花菖蒲
2012年 東京藝術大学退任記念展を開催する。
2013年 東京藝術大学美術学部デザイン科教授を退任する。

東京都練馬区のお客様より茶道具(立花大亀など)を買取させて頂きました。

  練馬区上石神井のお客様より押入れの整理に伴いお声掛け頂きました。お母様がお茶をやってらしたそうで、大部分は以前処分されたそうですが今回、少量の残りが押入れから出てきたとのことでした。立花大亀の茶掛けから田原陶兵衛の水指、大樋長左衛門や永楽善五郎の茶碗などなど、量は少なくとも名品揃いでした。

だるま画賛 達磨 書軸

聞いて驚き、以前処分れた際はなんとトラックを呼んで茶道具やら「古臭い物」をお金を払って文字通り「処分」されたとのことです。。。今回、押入れより見つかった生き残りだけでも大切に商売させて頂きます。ありがとう御座いました!

田原陶兵衛 永楽善五郎 大樋長左衛門

立花大亀 (1899年~2005年)

略歴紹介
1899年 大阪堺市に生まれる。
1921年 堺市南宗寺にて得度。
1931年 大徳寺塔頭徳禅寺住職。
1953年~1959年 大徳寺派宗務総長、のち顧問、管長代務を勤める。
1968年5月 大徳寺511世住持となる。
1973年 大徳寺山内に如意庵再興する。
1980年 奈良大宇陀に松源院再建する。
1982年 花園大学学長に就任する。
2005年 寂、105歳。

東京都世田谷区にて刀の鉄鍔や目貫金具、小柄などを買い受け致しました。

 世田谷区豪徳寺のお客様より解体前のお片づけに伴いお声掛け頂きました。お伺いすると最終的に残ったものは全部捨てちゃうので、とのことでした。

買取りさせて頂いたのは金額的には表題の鍔や目貫金具、小柄などの刀装具が主なところでしたが、あまり査定は付かないものの捨てられてしまうことを考えるとしのびなく思える昭和な品が多く、古い本棚やちゃぶ台、置物、着物、陶器類などピックアップしてみると結構な量になってしまいました。いや、うれしい限りです。年末休みで鈍った身体に鞭打ちつつ積み込み、年が明けからどこか気が抜けていましたが(?)ようやく、働いたぞ!と言う実感を得ました。ちょっと遅いですかね?

鍔 縁頭 目貫金具 小柄

さて、本年も全力で仕事に勉強に励みたいと思いますのでどうぞ、宜しくお願い致します。
お声掛け頂きありがとう御座いました!

唐獅子 赤銅 象嵌

鍔は差ほどではありませんがこの目貫はとても良い出来のように思います。遥か江戸時代の職人が造り、ここまで受け継がれてきたと思うと胸がわくわくします。

大泉学園店にてアトランタオリンピックの記念金貨などを譲って頂きました。

 大泉学園店にてアトランタ五輪の記念硬貨(金貨、銀貨、白銅貨)や記念切手などをお持込み頂き買取り致しました。記念硬貨は当時、コカコーラの抽選で当たったものだそうです。チラシを見てお持込み頂いたそうですが来るたびに開いてなかったとのこと、申し訳ありません。。。

オリンピック 記念硬貨

現在、大泉学園店は買取り担当者が1人だけですので出張買取に出ている時は店は閉まっております。お店は閉まっていても木曜日以外は営業しておりますので査定ご希望の場合はお気軽にお電話下さい。

ありがとう御座いました!