東京都中央区のお客様より買取致しました銀製のスプーン、菓子皿、秦蔵六の花入などの贈答品です。

銀製 カトラリー 菓子皿

東京都中央区のお客様よりリフォーム前の整理にてお声かけ頂きました。それぞれのお部屋の天袋や収納に仕舞い込まれた贈答品や茶器、書道の道具、絵画など色々と買い取りさせて頂きました。写真に写っているものは一部ですが純銀で出来たスプーンや菓子皿、カトラリーなどから竹の花籠、右下に見えるのは秦蔵六の青銅の鶴首花入です。

青銅鶴首花入

贈答品と言えどもピンきりで有名な作家物の陶磁器や金属工芸品などは単品で買取り査定がつきます。秦蔵六の初代は京都の鉄瓶で有名な龍文堂で鋳造法を学び、幕末~明治にかけて活躍した鋳金家です。今回、買取させて頂いた作品は共箱の落款が示すとおり四世 秦蔵六の作です。4世秦蔵六は技術保存資格者に認定されており、京都金属工芸協会長を務めるなど昭和期の代表的な鋳金家の一人です。

お声かけ頂きありがとう御座いました!

2015年8月に投稿したやましょうの記事一覧

トラックバックURL