象牙買取り 象牙を出張買取致します

「やましょう」では、象牙の原木、置物、飾り物、彫刻や細工ものなどを買い取り致します。貴重なゾウゲの買取なら当店にご相談下さい。出張査定も可能です。

象牙の登録票について

象牙は、古くからその美しい乳白系の独特な色味と加工のしやすさからさまざまな工芸品に加工されてきました。日本では、根付や帯留などの装飾品の素材として重宝されていました。近代(明治・大正時代)では、たばこのパイプやブローチ、ネックレスなどに加工され、戦後は、印鑑の素材として象牙が多く使用されました。

特定国際種事業者

象牙は、とくに日本と中国が輸入していましたが、1989年にワシントン条約により輸入禁止となりました。また、1995年からは、「国際希少生動植物登録票」がなければ、売買することができなくなっています。そのような希少価値の高い象牙ですが、当店では、一本物(磨牙・原木)はもちろん、ゾウゲ彫刻品も高価買取り致します。
当店は、環境省・経済産業省から特定国際種事業者の認定を受けた象牙の正規取扱店です。
特定国際種事業者 事業者番号 S-3-11-00074

象牙の買取り時の注意

象牙の売買には登録票が必要です

牙の姿を残す状態の象牙・製品の買取りにあたっては、一般財団法人 自然環境研究センターが発行する“ 象牙の登録票 ” が必要です。お持ちの象牙が登録されていない場合には事前の登録の手続きをお願いいたします。大きさや手に入れた経緯などを書き込む簡単な申請ですが、当店にて買取させていただける場合には面倒な申請の手続きは無料にてお手伝いいたしますのでお気軽にお問い合わせください。

加工されて牙の姿を残していない製品(根付、彫刻、麻雀牌など)においては登録証が無くても買い取りが可能です。なお、この登録は譲渡においても必要とされておりますのでご売却の予定がない牙でも今後のために登録されることをお勧めいたします(1989年以前からお持ちの象牙であれば何の問題もなく登録出来ます)。

(財)自然環境研究センターが発行する象牙登録票

【象牙登録票のお問合わせ】
一般財団法人 自然環境研究センター CITES管理事業部
〒130-8606 東京都墨田区江東橋3-3-7
TEl 03-6659-6018
FAX 03-6659-6320

詳しくは、自然環境研究センター・ホームページにてご確認ください。
各申請書類及び記入方法は、財団法人自然環境研究センター・ホームページよりダウンロードできます。
URL:http://www.jwrc.or.jp/
登録申請票:http://www.jwrc.or.jp/cites/regist/kikan/1.htm

象牙の取扱品目・種類

有名作家の品や古い象牙作品は、特に高価買い取り致します。また、帯留や指輪などの素材に使われているものでもお引き受けいたします。象牙の彫刻、細工物、数珠、鼈甲製品も高く評価します。古いもの、状態の良くないものでもお気軽にご相談下さい。

一本物の象牙や彫刻品・美術品

象牙 登録票付
象牙一本物

象牙彫刻
象牙数珠 ネックレス
ネックレス
印材
印材
象牙彫刻 帯留根付象牙置物天球儀清水信生 珊瑚 七福神
宝船・七福神
バチ 三味線
三味線撥
三足 獅子香炉
香炉
文琳茶入 棗 ナツメ 芯持
茶入・棗
五膳 彫刻 牙箸
花瓶 花立 筆筒 筆立
花生・筆筒
紫檀箱 マージャン パイ
麻雀牌

端材・カットピース

上記に掲載のないお品もOK! 高く買います!!

TEL:0120-940-351メールでのご相談・お申込みはこちら

3つのステップかんたんで出張買取

  • お申込みはお電話、または、お問合せフォームにて承ります。その際、ご依頼品の情報をお伝え下さい。
    お電話受付は10:00~20:00
    フォームは24時間対応しています。
  • お申込み時に、お知らせいただいた内容にて、概算の査定額をお伝え致します。査定額にご納得いただけましたら、お客様のご都合に合わせ、出張買い取りの日程を決定致します。
  • お約束の日時にお伺い致します。その場で査定させていただき、最終的な査定金額をご提示致します。金額にご納得いただけましたら現金にてその場でお支払い致します。

象牙を高く売るためのコツをご紹介

  • 1.未開封・未使用の状態をキープ

    未開封・未使用の状態は査定において大きなプラスになります。そのままの状態でご連絡下さい。

  • 2.不用意に掃除をしない!

    綺麗な状態は望ましいですが、傷がついた事例もございます。汚れやホコリなどはそのままで。

  • 3.同梱されていた付属品も大事

    お品を購入した時の包み紙・箱及び保証書もとても重要です。付属品の有無をチェックしましょう。

  • 4.売却を決めたら早めにご依頼

    美術品・工芸品などを手放すと決めたら早めにご依頼を。劣化による減額を最小限にできます。

TEL:0120-940-351メールでのご相談・お申込みはこちら