新宿にて買取させて頂きました中里重利の大きな壷です。

 新宿にて遺品整理にともない茶道具などと共に買取りさせて頂きました唐津焼の人気作家(物故)、中里重利の耳付の大壷です。出品作でしょうか。氏の作品ではあまり見かけない雰囲気をもつ草花紋の大作でした。

叩き唐津

中里重利は唐津焼の重要無形文化財保持者(人間国宝)である十二代中里太郎右衛門氏(中里無庵)の三男で十三代太郎右衛門の弟、当代である十四代の叔父にあたります。父、無庵が復元に成功した古唐津の技法を踏襲しつつ、独自の境地を確立し特に茶陶に関しては人気の高い、唐津焼を代表する陶芸家の一人でした(2015年84歳没)。

素晴らしいお品物をお売り頂きありがとう御座いました!

2017年8月に投稿したやましょうの記事一覧

トラックバックURL