新宿区西早稲田のお客様より李方子の高麗茶碗や木彫り仏像などをお売り頂きました。

 新宿区のお客様よりご実家の整理にともないお声掛け頂きました。仏像や茶碗、紫檀の手焙り、マンドリン、書道道具、掛軸、衝立、玉の香炉などいろいろな物を捨てるに忍びないとご自宅にお持ち帰りになったそうですがどなたも貰い手がいらっしゃらずご連絡頂きました。

高麗茶碗 青磁茶碗

李方子は日本の元皇族(梨本宮方子女王)で日韓併合後に元大韓帝国最後の皇太子であった李垠(当時、日本王族)とご結婚され日本の敗戦後は王族としての身分と日本国籍を失い韓国に帰化されました。1963年に韓国へ帰国すると障害児教育に取り組み、知的障害児施設や知的障害養護学校を設立されました。

今回買取りさせて頂いた茶碗はその設立のための資金集めのために頒布された物になります。そう言った事もあり比較的数が出回っているため近年はさほど高額査定はつけられませんがお茶碗の他、七宝の陶板額や書画など、李方子の作品が御座いましたら喜んで買い取りさせて頂きます。

李方子 青磁茶碗  李方子 高麗茶碗

お声掛け頂きありがとう御座いました!

2016年4月に投稿したやましょうの記事一覧

トラックバックURL