大田区田園調布のお客様よりマイセンの立体陶板額、ブロンズ像などを買い取りさせて頂きました。

 東京、大田区のお客様よりお引っ越しに伴いお電話頂きました。すでに必要な物は新居へ移動済みで残っているものは出来るだけ買取り、もしくは引き取って欲しいとの事。お母さまがお人形がお好きだったそうで大量の日本人形(買い取り出来ませんでした)、着物、足踏みミシン、六曲一双の屏風、柱時計(ユンハンス)、Meissenの額、銅像、ステンド照明などが御座いました。

Meissen フィギュリン

お人形含め恐縮ながら買い取り出来ないお品物をトラックへ、値段をつけさせて頂いたお品物をバンへと3人掛かりで積み込み作業終了。ご要望に応じて当店で出来るだけリサイクル、リユース出来る物は引き取らせて頂き、処分費用など掛からない範囲で大量の荷物を整理させて頂きました。

お声掛け頂きありがとう御座いました!

東京都小金井市にて買受け致しましたヘレンドのカップ&ソーサーなどティーセットです。

 小金井市のお客様より建て替え前の整理に伴いお声掛け頂きました。世界各国にご旅行に行かれてはお土産として買ってきたと言うヘレンド、ロイヤルコペンハーゲン、ウェッジウッドなどのティーセットや飾皿などの洋食器を買取りさせて頂きました。

ジョルナイ C&S Herend アポニー

写真はハンガリーにてお求めになられたジョルナイのティーセットとヘレンドのC&Sです。お客様としてはもちろんティーセットの方が高いとお考えでしたが恐縮ながらティーセットとヘレンド2客、同じ査定額にて買い取りさせて頂きました(汗)。人気、知名度の差ですかね、、、

アポニー

ちなみに、こちらの絵柄はアポニーと呼ばれる定番シリーズですがもともとはマイセン窯の柿右衛門写しを更にヘレンドが写した絵柄「インドの花」の一部からなるそうです。言われてみれば、、、??。いや、もう、すっかり洋の柄ですよね(;^_^A

お声掛け頂きありがとう御座いました!

新宿区高田馬場にて銀のスプーンや写真立て、洋食器、贈答品などを出張買取させて頂きました。

 お引越しに伴い使わなくなった物があると言うことでお声かけ頂きました。半年ほど前にお引越しされた際に箱に詰めたまま開封していないと言うことで段ボール3箱ほどの洋食器、贈答品、キャンドルスタンド、フォトフレームなどアンティーク雑貨など諸々買取りさせて頂きました。

フォトフレーム

お引越しされて家の雰囲気が変わり出番が無くなってしまったとのこと。どれもアンティークと言うには少し時代が足りず金額的にはお客様の思い入れに答えることは出来なかったようです(汗)、が、誰かに使って貰えれば、と言うことで全て買い取りさせて頂きました。

虫 シルバー

変色してしまっていますがこんな素敵な銀製の小物入れも。。。お声かけ頂きありがとう御座いました!

東京都江戸川区のお客様より象牙の糸巻の付いた三味線2丁、マッピン&ウェッブの銀食器など洋食器・贈答品を買い取りさせて頂きました。

  江戸川区平井のお客様より三味線をどうにかして欲しいとの事でお伺い致しました。お聞きすると身辺整理中(?)とのことで撥や駒などの小物、そして腕時計など小さくて捨てられるものは既に捨てたけど長さのある三味線が捨てられずお困りとの事。。。一足遅かったような、捨てられる前に三味線だけでも買取させて頂けて良かったような。。。

更にお話を聞くと引出物などの頂き物も捨てられずに困っている、、、と言うわけでキッチンの収納やサイドボードに仕舞いこまれていた洋食器、鍋、皿などの未使用の贈答品もまとめて買取りさせて頂きました。お金にならなくても持っていって貰えればとのことでしたが、写真のようにホールマークの入ったマッピン&ウェッブの銀製のクリーマー、シュガーボウルのセットなども御座いましたのでしっかり買い取りさせて頂きました。

Mappin & Webb  銀 シルバー

下がホールマークの写真です。

純銀 シルバー

「M&W」がメーカー名(Mappin & Webb)、丸いマークが産地(検定所、この場合はシェフィールド)、ライオンマークが銀製(銀92.5%)であること、最後の「H」は製造年を表しています。メーカーや産地のマークは違えどイギリスの銀製品であればライオンマークが入っているはずです(年代などにより違うマーク、表記の場合も御座います)。

マッピンでも「Mappin Plate」とあるものは銀メッキです。またEPNSなど銀メッキを表す刻印がある場合も御座います。メッキのものは純銀製のものに比べれば査定は安いものが多いですが揃いのカトラリーなどは買取出来ます。メッキだからと言って棄てたりしないでくださいね!

お声掛け頂きありがとう御座いました!

品川区豊町のお客様よりバカラのクリスマスツリー、鳩、ラリックの花瓶などをお譲り頂きました。

 品川区豊町のお客様より遺品整理に伴いお声掛け頂きました。地下室に綺麗に仕舞い込まれた大量の贈答品を山のように買取させて頂きました。ここ10数年の間の物だと思われますがその殆どが箱に入ったままの状態。象彦のお盆や銘々皿など和の物からウェッジウッドのC&S、バカラのグラス、オブジェ。ラリックの花瓶などなど洋の物まで。

バカラ ラリック

骨董品と言うほど古いものは御座いませんでしたが贈答品のほかにも絵画2点、書道道具、純銀製のヨットや扇子などの置物も数点御座いました。全て査定するのに半日。搬出は一度で車に積み切れず二日がかりの仕事となりました。翌日には片付けの業者さんが入るとの事でしたが何とか全て買取、搬出することが出来ホッと致しました。

お声掛け頂きありがとう御座いました!

渋谷区恵比寿のお客様よりロイヤルクラウンダービーの伊万里シリーズやウェッジウッドなど洋食器をお譲り頂きました。

 お引越し前の整理にともないお声掛け頂きました。Royal Crown DerbyのトリオやWEDHWOODのカップ&ソーサーなどの洋食器をはじめ銀製の帆船の置物、輪島塗の漆器など殆どお使いになっていない贈答品を色々と買取させて頂きました。多数御座いましたがやはり眼を引いたのは鮮やかな色使いに複雑な金彩模様が特徴的なロイヤルクラウンダービー、伊万里シリーズのトリオです。

トリオ カップ&ソーサー

今から100年も前に日本の伊万里焼が遠くヨーロッパの王侯貴族の間で流行し、またその地の老舗陶磁器ブランドの製品にその様式が取り入れられたと思うと浪漫を感じますね。底面にはメーカーマークと共にしっかりと「OldImari」の文字が記されていました。

お声掛け頂きありがとう御座いました!

埼玉県所沢市にて買取致しましたノリタケのティーセット(ダイヤモンドコレクション)です。

 2000年に廃版となってしまいましたが当時、最高の素材と技術をもって世界最高レベルの白磁とも言われる人気シリーズでノリタケの食器の中では中古市場でも特に高値で売買されているようです。今回、買取させて頂いたのはカップ&ソーサーからポット、プレートまでほぼフルセット、そしてすべて未使用と言う完璧な状態でした。

ティーセット カップ ソーサー

数十万円でご購入されたそうですがこのまま持っていても使わないので、という事で買い取りさせて頂きました。次のオーナー様の元で日の目を見ることと思います。ついで、と言っては何ですがその他にも古いカメラや洋酒、未使用の漆器類などお出し頂きました。お声掛け頂きありがとう御座いました!

東京都武蔵野市のお客様より銀製のティーセット(マッピン&ウェッブ)を買い受け致しました。

 イギリスに住んでいたときにアンティークマーケットにてお買いになられたそうです。日本に帰ってからは出番が無く仕舞いっぱなしになってしまっているので、という事で買取りさせて頂きました。Mappin & Webbのシルバープレートの物は良く出回っていますがこちらはホールマークの入った銀製になります。少し変色が見られますが銀磨きで仕上げればピカピカになるはずです。

Mappin & Webb 純銀 ポット

ティーポット、シュガーポット、クリーマーの3点です。金や銀など貴金属が高騰しているお話をすると、それだったらと、他にも銀製のカトラリーや灰皿、銀杯、トロフィーなどを出していただき重さにして6kgほどの量の買取となりました。お声掛け頂きありがとう御座いました!

銀製品は物により重さの価値以上の査定額が付くものも御座います。スクラップとして潰してしまう前に是非一度ご相談下さい。

Mappin ホールマーク
ホールマーク、年代や地域、メーカーがこのマークから分かります。調べてみて下さい!

東京都台東区のお客様よりトルコ絨毯を譲って頂きました。

 台東区東上野のお客様より購入されたものの一度もお使いにならなかったシルクの絨毯を買取りさせて頂きました。一目見て気に入り、立替後に使う予定で数百万で購入されたそうですが敷いてみたらイメージに合わなかったそうです、、、シルク100%、サイン入り、織り目の細かいトルコのカイセリ地方の高級絨毯です。仕舞っておいても仕方ないから誰か気に入って使ってくれる人の元にお願いします、との事でした。責任を持ってお届けしたいと思います。お声掛け頂きありがとう御座いました!

ペルシャ絨毯

よく絨毯で耳にするのはどちらかと言うとペルシャ絨毯でしょうか。どちらも世界的に名前が知られた人気の絨毯ですが作成地域だけでなく織りの方法にも違いがあります。ペルシャ絨毯は一本の糸に色糸を結んでいくシングルノット(一重結び)で織られており、トルコ絨毯は二本の縦糸に色糸を結んだダブルノット(二重結び)で織られているという大まかな区分けがあるようですがそれも明確に分かれるわけではなく各産地、絨毯によるようです。シングルノットの絨毯は結び目が一つのため細かい模様のデザインが特徴、対してダブルノットの絨毯は二重の結び目が使い込むほどに強く締まり、丈夫で長持ちするそうです。最高級といわれるトルコのヘレケや今回お譲り頂いたカイセリの絨毯はダブルノットで織られているそうです。

今回お譲り頂いた絨毯は未使用の美品でしたが使い込まれたアンティークな絨毯にも新品時と違った独特の風合いがありそれはそれで人気の商品となっております。ボロボロだし汚いし、、、そんな絨毯も高値で売れるかも知れません!?捨てる前に是非ご相談ください。

埼玉県所沢市のお客様よりシェルカメオ、洋食器(ヘレンド)などを買い取り致しました。

 所沢市のお客様より年末のお片付けとの事でお使いならない洋食器、アクセサリーなどを買い取りさせて頂きました。18金の枠のシェルカメオのブローチ(ペンダントヘッド)やカップアンドソーサー(大倉、エインズレイなど)やシュガーポット(ヘレンド)、オールドノリタケの手彩の絵皿など素敵な物を色々出して頂きありがとう御座いました!

K18金 カメオ

ヘレンド 大倉 エインズレイ

神奈川県相模原市にて銀製カトラリー(CARRS)を買い受け致しました。

 相模原市のお客様より英国カーズ社の純銀製のカトラリーセット、バカラの置物、ミンクのコートなどを買取させて頂きましたイギリスに住んでいた時に購入されホームパーティーなどでお使いになっていたそうですが帰国後、これだけのセットは使用する機会が無くなったので当店にお声掛け頂いたそうです。

CARRS 純銀製

フィッシュナイフからティースプーンまで入ったフルセットで全てにホールマークが入っております。

ホールマーク

こちらはメーカーズマーク、スタンダードマーク、タウンマーク、デイトレターと並んでおります。手元の資料を元に読むと、メーカー:カーズ、検定所:シェフィールド、素材:スターリングシルバー、製造年:1995年と言う事が分かります。現在は任意になっているそうですがイギリスのホールマークには700年以上の歴史があり、制度として確立されているので、100年以上前の物であってもその製品がいつ、誰が造ったどんな品質の物か分かるようになっています。単に銀食器として見るだけでなくいつ、誰が造ったのかそのモノの歴史に想いを馳せるのも楽しいですね。

お声掛け頂きありがとう御座いました!

練馬区大泉学園町にてベネチアガラスの葡萄ランプ等を買い取り致しました。

 飾りきれなくなってしまったとの事で写真のガラスランプ、瀬戸マイセンやリアドロのノベルティなど5点ほど買い取りさせて頂きました。ちょこちょこと傷がありましたのでお客様にはイマイチご満足頂けなかったようで残念でしたが仕舞い込んでも仕方ないと売って頂きました。恐縮ですがノベルティはちょっとした痛みでも大きな減点になり売値も半分以下になってしまうのが現状です。

ベネチアグラス ムラノ

其々色の違う葡萄が5房付いています。ムラノガラスでしょうか。点灯しないでも素敵ですが、、、

イタリア ムラノガラス

点灯すると更に綺麗です。

瀬戸マイセン フィギュリン

瀬戸マイセン。素敵な品々を売って頂きありがとう御座いました。