小石川にて蔵に眠っていた古い紫檀の花台や竹の花籠、鉄瓶、木版の双六などをお譲り頂きました。

 夏季休業中は何かとご不便をお掛け致しました。本日より通常営業再開いたしましたのでどうぞ宜しくお願い致します。休業中にメールや留守電にてお問い合わせ頂いた方には順次対応させて頂いております。着信のみの方には折り返しを控えさせて頂きましたのでご了承ください。改めてお電話頂ければ喜んで対応させて頂きます('◇')ゞ

さて、お盆休み前の買取りですがこちら解体前の蔵から拾い出した品々です。古い水屋箪笥があるとのご依頼でした。その他、紫檀の座卓や小さな文机など。母屋も蔵もだいぶスッキリしていたのでお聞きすると殆ど捨ててやっとココまで整理したとの事、、、

紫檀花台 竹花籠 火鉢

下の写真の古い珊瑚やべっ甲の櫛・簪など、既にゴミ袋へ投入済みでしたがギリギリセーフ(^^;)その他、戦前の木版の雙六や絵葉書など、量とすると僅かですが残っているもので生かせそうなお品物は全て引っ張り出して買い取りさせて頂きました。

櫛笄 珊瑚 鼈甲

豆ランプ 火屋 油壷

こんなに可愛らしい豆ランプの火屋も割れずに発見!見つかりませんでしたが元々は素敵な油壷にのっていた事でしょう、、、お声掛け頂きありがとう御座いました!

雑司ヶ谷にて安田靫彦の白梅図などの絵画、版画などを買い取りさせて頂きました。

 リフォーム前の整理にともないお声掛け頂きました。買取りさせて頂いたのは美術にかかわるお仕事をされていたお爺様の御遺品である絵などが中心です。生前お付き合いのあった作家さんから直接頂いた物が殆どとの事。

安田靫彦 白梅

写真は色紙画ですが安田靫彦の直筆作品。その他にも聞けば美術に興味の無い方でも知っているような錚々たる面々の作品がズラリ。ただし、額装された作品は相続の際にすでにご売却済みだそうで、今回出て来たのはたまたま天袋に取り残されていたという画用紙にかかれたデッサンや水彩画、色紙に似顔絵など小品のみ。

額装もされず20点ほどを束ねて保管されていたのでシミや折れ痕なども見られたため買取価格は名前の割に控えめ(;^_^A、、、

鏑木清方 美人

こちらはシミだらけで折れ曲がった鏑木清方、、、残念ですが致し方無いですね。残されていただけでも感謝です!お声掛け頂きありがとう御座いました(^-^)

常盤台のお客様より掛け軸や蒔絵の重箱、吸物椀、着物などをお売り頂きました。

 ご自宅の地下倉庫の整理にともないお声掛け頂きました。地下室にはお爺様が集めたと言う骨董品や絵画、人間国宝の陶磁器などが整然と、そしてギッシリ並んでおりました。。。買取りさせて頂いたのは古い漆器や着なくなった着物、掛け軸など。

掛け軸 蒔絵 重箱 吸物椀

掃除の際にふと箱を開けると古い漆器類に傷みが出始めていたそうで、このまま仕舞い込んでダメにしてしまってはお爺様に顔向けできないと、今回のご相談に至ったそうです。

明治~大正、昭和の初めころの漆器類で一部傷みのあるお品物も御座いましたが今、出来上がったかのような状態の良い品も。個人的には古手の象彦、絵変りの吸物椀が良かったですね(^-^)どれもすぐに大切に受け継いでくれる方の元へ納まると思います!

京都 象彦 絵変り 吸物椀

お声掛け頂きありがとう御座いました!

中野区江原町にて茶道具、掛け軸、古い五月人形(五月飾)などをお譲り頂きました。

 リフォーム前の整理を機会に使わない茶道具や仕舞い込んだままの物を処分したいとの事でお声掛け頂きました。茶碗や茶掛け、茶入、などのお茶道具をはじめ、掛け軸、花生け、花瓶、座卓、油絵などを買取りさせて頂きました。古い五月人形は値段は付けられませんでしたがお客様のご希望で合わせて引き取りさせて頂きました(五月人形やお雛様、日本人形のみですと対応が難しいことが多いのが現状です)。

茶道具

金額的に中心となったのはやはり大切にされていたお茶道具。裏千家家元15代鵬雲斎書付のある刷毛目茶碗から、、、

鵬雲斎 箱書 書付 刷毛目 茶碗

普段使いにしても素敵な小次郎窯(西岡小十)の向付まで、、、

西岡小十 小次郎窯 向付

個人的には蒔絵押しなので、、、

角出俊平 蒔絵 棗

こう言った見たまま綺麗な蒔絵のお品物は高めに値踏みしてしまいがちですね(;^_^A

お声掛け頂きありがとう御座いました!

大泉学園店まで尺八、掛け軸、花瓶などをお持ち込み頂きました。

 連休中にご実家の整理をした際に出て来たとの事でお持ち込み頂きました。琴、三味線、長火鉢などもあったそうですが大きいのでご実家近くのリサイクルショップに引き取ってもらったそうで当店には尺八、掛け軸、花瓶、皿など小ぶりなお品物をお売り頂きました。

尺八

在銘、銀三線藤巻中次、都山流の尺八で、こちらが買い取り価格のメインでした。お値段をお伝えすると三味線とお琴も頑張って持ってくれば良かったかなとのお言葉。。。和楽器はピンキリでお稽古用ともなると当店でも買取りが出来ないことも多々あるので現物を拝見してみないと何とも言えませんが私も見てみたかったですね(^^;)

ともあれ、遠方よりお持ち頂きありがとう御座いました!

永福にて急須や茶入、鉄瓶などの煎茶道具と着物、花瓶、壷などをご売却頂きました。

 ご実家の整理にともないお声掛け頂きました。いわゆる茶道ではなく煎茶道をやっていたそうでその道具類、着物、花瓶や壷などを買取りさせて頂きました。古いものばかりと仰っていましたがここ数十年で買い揃えたと思われる茶道具ばかりで私の感覚ですとどれも新しいお品物(^^;)

急須 如意 唐木盆 竹籠

急須や唐木の如意、煎茶盆。時代があれば驚くような値の付く場合も御座いますが現代のお品ですと中々そうは行きません。とは言え、錫の茶托や茶入など煎茶道具は売れ筋ですので今の物でも喜んで買い取りさせて頂きます。。。

錫 茶入 茶托

純銀(南鐐)製の火箸も。こちらは金谷五郎三郎造でした。その他、瓶掛けや竹の結界、茶合などなど、お使いだった道具一式。お声掛け頂きありがとう御座いました!

茶合 青貝 煤竹 班竹結界 瓶掛け火鉢

南長崎にて純銀製の急須や茶托などの煎茶器、掛軸、衝立、花瓶などを買い取りさせて頂きました。

 ご実家建て替えに伴い整理をしていたところ、銀製の茶器が出て来たとの事でお電話頂きました。純銀の急須で茶托も5客セットになっており未使用の状態。純銀製の湯沸し(銀瓶)ほど高額ではありませんが持ち手も象牙ですしお客様にご満足頂ける金額で買取りさせて頂くことが出来ました。

銀瓶 湯沸し

他にも値が付けば、との事でしたのでお客様と共に各お部屋を周り、綺麗な蒔絵が施された輪島塗の衝立や欅の茶箪笥、掛け軸、床の間に飾ってあった花瓶、香炉、食器(ティーセット)などをお売り頂きました。最終的にはお客様のご要望で値の付かなかった傷みのある火鉢なども引取り、、、傷のある瀬戸火鉢の再販は難しいのですが、整理の一助になればと言う事で(^^;)

お声掛け頂きありがとう御座いました!

荻窪のお客様よりお譲り頂いた演奏会用のお琴と象牙の琴柱です。

 使わなくなって久しいお琴があるとの事でお声掛け頂きました。琴の買取りのご依頼は良く頂くのですが当店で買い取り出来ない練習用が殆どです。その度にお断りせざるを得ない事が多く心苦しいのですが今回は演奏会用の立派な13弦が1面と合わせてお使いだった象牙の琴柱です。

象牙 琴柱 14本

ご両親がお使いだった和楽器などで価値が分からず買い取りの対象になるかわからない場合はお気軽にご相談頂ければと思いますが簡単に見分けられるポイントが幾つか御座いますのでまずは下記をご確認ください。

琴 くり甲 綾杉彫

ズバリ、ココです!お琴の底面に開いている穴から面の内側をご覧下さい。上記の写真の様にのこぎり状の彫(綾杉彫と呼びます)が施されていれば基本的には値の付く楽器になります。あといくつかのポイントと材質、状態や付属品などで査定額が決まります。

一方、買い取りが難しいお琴は、、、すいません、適当な画像が見つかりませんでしたが縦方向に一直線の彫(すだれ彫)となっているかと思います。こちらは残念ながら再販が難しいため買取り出来ないことが殆どです。申し訳御座いません_(._.)_

いずれにしましてもご不用な和楽器が御座いましたらお気軽にご相談を!

板橋区蓮沼町にて買い取りさせて頂いた鉄瓶で有名な鋳金師、亀文堂 波多野正平の仏像です。

 蓮沼町のお客様より家屋解体にともないお声掛け頂きました。3年以上空き家状態だったそうですがここに来て急遽解体が決まり片付けを始められたとのこと。お伺いした時点では殆ど手付かずの状況でしたのでお客様と共に各お部屋を物色。。。

この作業、どこか気が引けて奥深くまで探せないのですが今回はお客様より解体費用を捻出したいから出来るだけお宝を探し出して!との命を受けたため文字通り隈なく捜索。

鉄瓶 仏像

2時間ほどの捜索作業の末、名品発見。。。と言ってもこちらはお父様が大切にされていたそうでお客様もご記憶があり、捜索開始後すぐに見つかったのですが(^^;)。鉄瓶で有名な亀文堂の祖、波多野正平の作品(聖観世音像)です。

同人や、同時代の名工、龍文堂安之介や秦蔵六の鉄瓶が出てきたら本当に解体費用が捻出できるなぁ、、、と思いながら捜索作業をしていたのですが発見ならず。それでもお客様にはご満足頂ける査定額を提示出来たかと思います。

お用命頂きありがとう御座いました!

上井草の解体現場にて出て来た火消しの刺子半纏、鉄瓶、模造刀、木彫り置物、絵画など。

 上井草の解体現場にて解体業者様よりお電話頂きました。昨日の今日のご希望でしたがちょうど予定が空いておりお伺いすることが出来ました(^-^)。買取りさせて頂いたのは火消しの袢纏や鉄瓶、模造刀、袖搦(袖がらみ)、木彫りの恵比寿大黒、壁に掛けられたままだった絵画などなど。

刺子半纏 火消し

施主様の「少しでも捨てずに生かしてほしい」と言うご希望からのご依頼でしたので状態が悪くあまり査定は付けられませんでしたが楢の無垢材で作られたクサビの本棚や食器棚(昭和2~30年代)、ちゃぶ台、長火鉢なども買い取り。2トントラックの床が殆ど見えなくなる程の量となりました。

今回はご希望通りお伺いすることが出来ましたが当日ご希望が多い解体現場の買取依頼。お伺いしたくても叶わない場合が御座いますので出来るだけ前もってお電話頂けると助かります(もちろん、当日のご依頼も可能な限り対応させて頂きます('◇')ゞ。

お声掛け頂きありがとう御座いました!

高松のお客様よりお売り頂きました河井寬次郎の茶碗(呉須泥刷毛碗)です。

 豊島区高松のお客様より茶道具買取りのご依頼頂き河合寛二郎の茶碗をはじめとするお茶道具を一式お譲り頂きました。以前、お母様が教室をやってらしたそうで野点傘や路地行灯、茶懐石道具、七事式道具など本当に茶道具一式、様々なお品の買い取りとなりました。

河井つね 識箱 茶碗

主な道具はお弟子さんやご兄弟でお分けになり、お客様はこちの茶碗を譲り受けたそうです。ただ、今後お使いになることも無いだろうし箪笥の肥やしするより誰かに使って貰えればと言う事で、合わせてご売却頂きました。

妻、河合つねの識箱で本人の箱では無いのが残念ですが贅沢は言えません。名品をお売り頂きありがとう御座いました!

石神井町のお客様より古いバイオリンやカメラ、ユンハンスの柱時計、高蒔絵の煙草盆などを買受け致しました。

 練馬区石神井町のご実家の整理に向かう際、たまたま当店の買取りの案内看板を見てお電話頂いたとの事です。殆どの物は処分したけど捨てるに忍びないバイオリン、ピアノなどがあるとのことでした。お伺いするとなるほど、殆ど片付いた状態。部屋の隅に置かれたヴァイオリンを査定しつつ何気なく部屋を見渡すと目に飛び込んできたのは素晴らしい蒔絵の煙草盆。

錫茶入 戦前油絵

お聞きすると傷みもあるし捨てようと思っていたとの事(*_*)。他にも捨てるつもりで片隅に纏められていたお荷物を見せて頂き、銀の煙管、錫の茶入、作者は不明ですが戦前に描かれた雰囲気の良い油絵や銅版画など絵画数点、柱時計、古銭、舟越保武のブロンズ像などがありすべて買い取りさせて頂きました。

色々と捨てる前にお呼び頂ければ、、、(>_<)。ともあれ、お声掛け頂きありがとう御座いました!

文京区千石のお客様より買取りさせて頂いた茶入れなどの煎茶器、香合、香炉など。

 文京区千石のお客様より解体前の片付けにともないお声掛け頂きました。先月、一度お伺いし掛軸や絵画、伊万里焼の飾り皿など買い取りさせて頂いていたのですが整理が進むにつれ納戸の奥から古い茶道具らしき物など、古臭い品々が出て来たとの事でお電話頂きました。

香盆 錫茶入

お伺いしてみると高麗青磁の香合や螺鈿の香盆、錫茶入や可愛らしい小さな水晶の香炉などなど。茶道具でも急須や湯呑など煎茶の道具類。お客様は古くて汚れてるから申し訳ないし捨てようか迷ったんだけど、と仰っておりましたが、これです。これなんです!

李朝

前回お譲り頂いた綺麗な掛軸や飾皿も素敵なお品物でしたが、こう言った古いお品物を探しています。結果、お支払いした金額も前回よりも少ない品数ながら倍以上。お聞きするに明治初め生まれの曾祖母のお持物ではないかとの事、捨てられず何よりです(^-^)

お声掛け頂きありがとう御座いました!

荒川区西日暮里のお客様より掛け軸や茶道具などを買い受け致しました。

 荒川区のお客様よりご自宅の建て替えにともなう整理でお電話頂きました。同居のための建て替えとのことで「良いですね~」と私が軽口を叩くと、この家壊すんだから胸が痛いよとご主人様。。。確かに言われてみれば立派な茶室にお庭、壊すには忍びない素敵なお屋敷、軽はずみな発言を反省。

掛軸

お売り頂いたのは床の間も無くなるからと掛軸、、、そして茶道具、鎌倉彫の小引き出しや茶櫃に煎茶器、仕舞い込まれていた贈答品など。終始寂しそうなご主人でしたが最後に捨てずに済んだだけ気が楽になったとのお言葉。買取りさせて頂いたお品物は責任をもって次の方の元へとお届けさせて頂きます。お声掛け頂きありがとう御座いました!

東京都足立区のお客様より中国の古い急須、茶碗、煎茶器と掛け軸等をお譲り頂きました。

 足立区六町のお客様より遺品整理にともない出て来た茶道具の買取り依頼を頂きました。早速、お伺いし段ボール二箱ほどの茶道具、その他掛軸や、帯留、絵画、木彫りの置物などをお売り頂きました。

西岡小十 茶碗

いわゆるお茶道具は唐津焼を代表する名工、西岡小十の茶碗など、、、
今、売りやすいのはどちらかと言うと下記の写真のような海鼠釉紫泥急須や備前焼の湯沸しのような古い煎茶器類でしょうか。立派な鉄瓶も御座いましたがお客様がお使いになるとの事でした。

 葛明祥

掛け軸は残念ながらこれと言った物は御座いませんでしたので茶器等とまとめての買い取り査定とさせて頂きました。お声掛け頂きありがとう御座いました!

杉並区高円寺南のお客様より書付物の茶道具や鉄瓶などをお譲り頂きました。

 今回お売り頂きましたのはかつて茶道教室をやってらした奥様のお茶道具。殆どをご親戚や生徒さんなどへお分けして、今ある道具は残ったものだそうでお金は要らないから残さず持って行ってくれれば良いとのこと(!)。

と言う事は残り物でしょうし、お稽古用ばかりかな、と軽い気持ちでお伺いして何気なく手前の段ボールから1つ取り出して拝見すると、、、

鵬雲斎 書付

銀杏唐草模様が素敵な橋村萬象の炭斗です(裏千家15代家元、鵬雲斎の書付!)。お客様は運び易いようにまとめて玄関先に出しておいて下さり、残さず持って行ってね、と仰いますがこれは流石に戴くわけには行きません(^-^;、、、よね。正直、一瞬迷いましたけど(笑)

結局、一つ一つ目を通させて頂くと、お茶碗こそお稽古用の物しか残っておりませんでしたが素晴らしい蒔絵の棗(前端春斎作)があったり、16代家元坐忘斎の書付の瀬戸茶入(加藤芳右衛門作)が出て来たリ、、、量はさほどありませんでしたが十万円単位の買い取りとなりました。。。

 棗 蒔絵 瀬戸 茶入 書付

お声掛けありがとう御座いました!

中野区本町にて旧日本陸軍の軍服や肩章など遺品買取りさせて頂きました。

 遺品の整理にともない出て来たと言う軍服や掛軸、古い壷、ちゃぶ台、こけしなどの買取りをさせて頂きました。軍服や大礼服など他にもあったそうですがボロボロの物が多く残念ながら処分してしまったとの事。

少尉 大佐

残されていた物は非常に良い状態。旧陸軍上衣とそれぞれ少尉、大佐の肩章になります。軍服など少なくとも70年程時代を経ていますので出てくる時はだいたいはボロボロです。ご興味の無い方が見るとそれこそゴミの様に感じてしまうかも知れませんが多少傷みがあっても汚れていても買い取り出来る物もあるので捨てる前に見せて頂きたかったですね。。。無念(+_+)

お声掛け頂きありがとう御座いました!

杉並区のお客様より持込買取させて頂いた中国のパンダ金貨です。

 お母さまから以前譲り受けたという中国の記念金貨を買取りさせて頂きました。事前に何件か査定を依頼して当店が高かったそうでお持ち込み頂きました。相見積りを意識して目一杯の査定を致しましたが他の業者さんの査定額は潰しの値段だったそうで、、、(;^_^A

1994年 1995年 記念金貨

発行された年や額面によっては金の重さの価値しか無いコインも御座いますが発行年によっては金の価格を遥かに上回る額で買取できる金貨も御座います。中国バブルも弾けたというお話も御座いますが希少な中国切手、記念硬貨、中国古美術品などはまだまだ高値で売買されています。

金貨ですと1980年~1990年代、切手なら1960年~80年初め頃までの物など骨董品と言うほど古い物でなくても高額査定の付く物も御座います。中国の物が御座いましたら是非ご相談下さい。

ありがとう御座いました!

杉並区今川のお客様より買入れさせて頂いた石仏・仏頭(クメール、ガンダーラ)などです。

 都内のお客様よりコレクションの整理との事でお呼び頂きました。一時期熱心に集めていらしたと言う鍍金の仏像から石仏、仏頭など仏教美術関係のお品物、作家物のブロンズ像などを買取りさせて頂きました。

石仏 仏頭 仏教美術

写真はお売り頂いたお品物の一部ですが主にクメール王朝の仏頭や男神像・女神像のトルソーなどです。大変古いものですので当然欠損などのある状態ですが逆に完全な姿ではほぼ入手出来ない貴重な遺物と言えるのではないでしょうか。

お声掛け頂きありがとう御座いました!

都内のお客様よりお引越しに伴い出張査定のご依頼を頂きました。

 板橋区まで買取り査定のご依頼を頂きお伺い致しました。ただ、恐縮ながら買い取り出来るお品物が無く手ぶらで帰社となりました(;^_^A。当店としてはお伺いしないと分からないため致し方ない事ですが、お客様のお時間もご予約頂いた日~査定日まで無駄にしてしまう結果となってしまいました。

3月に入り引越しシーズンに入った為でしょうか、家具を含めた買取のご依頼が増えてまいりました。東京23区など近場であれば極力お見積もりにお伺いさせて頂いております。ただ、お伺いしても何もお力になれずお引越しが迫っているのに時間だけが過ぎてしまった、と言う結果を避けるためにご依頼の際に出来るだけ詳しい情報をお知らせ頂ければ助かります。

ライティングデスク 本箱 花梨円卓

一概に言えませんが当店で買い取り可能な家具は明治・大正時代~昭和の2、30年代頃までの古い家具、その他、民芸家具や無垢材で作られたもの、高級輸入家具などが主です。家具類の場合はメールにて写真を送って頂ければある程度は買取り出来るか判断出来ますのでお急ぎの場合は是非メールに写真を添付の上お電話下さい。ご相談、出張見積り無料です。ご判断に迷われたら捨てる前に一度ご相談下さい。

お声掛け頂きありがとう御座いました!

東京都杉並区にて13代柿右衛門の酒器や花瓶、壷など贈答品を買い取り致しました。

 杉並区今川のお客様より屋根裏の整理に伴いお声掛け頂きました。一度上げてしまうとそのままになってしまう事が多いのが屋根裏収納ですね。今回は十年以上ぶりに片付けると言うことでした。陶磁器などの贈答品、絵画(額)、着物などをはじめこれはどうやって上げたんだろう?とお客様ご自身も頭にハテナマークを浮かべていらした木製の本棚などを買取りさせて頂きました。

十三代 柿文

写真は十三代酒井田柿右衛門の酒器揃、染錦柿文。頂いて屋根裏にしまって今回初めて中をご覧になったとの事です。当店では今回買い取りさせて頂いたような使って楽しめる作家物陶磁器を探しております。仕舞い込んだままの焼き物など御座いましたら是非お声掛け下さい。

お声掛け頂きありがとう御座いました!

練馬区向山のお客様より着物などと共に買取りさせて鼈甲の髪飾り(櫛・簪)です。

  練馬区向山にてお引越し前の整理でお声掛け頂きました。着物に始まり掛軸や壷、花瓶などの置物、アクセサリーなどを買取りさせて頂きました。写真はべっ甲細工の髪飾りです。鼈甲に螺鈿の入った櫛や簪、金と宝石があしらわれた髪留め。どれも旦那様に買ってもらったは良いけどお使いになった記憶は無いとのこと(笑)。

べっ甲 櫛 簪

仕舞い込んでいても仕方ないし使ってくれる人の手に渡ってくれれば、とのことで全てお売り頂きました。責任をもって次のご主人の元へとお届けしたいと思います。お声掛け頂きありがとう御座いました!

東京都葛飾区にてお譲り頂いた木彫の恵比寿大黒、屋久杉の衝立など。

  葛飾区のご実家を解体されるとのことでお電話頂きました。お伺いすると事前にお聞きしたとおり置物などが沢山。海外のお土産物の木彫り彫刻から剥製、置石、仏像、中国土産の花瓶などなど。買取りにお伺いすると良く見かける置物シリーズが勢揃いです。そんな中、沢山の物に埋もれつつもオーラを放っていたのが、、、

屋久杉 衝立

こちら。しっかりした彫でとてもご利益のありそうなお顔の恵比寿様と大黒様。昭和の初め頃の物でしょうか。時代やけですっかり飴色になってなんとも言えない味わいと風格です。商売をされていた頃に祀っていたとの事。しばらくは弊社に福をもたらして頂くべく店頭に鎮座して頂きます(^-^) 商売繁盛しますよーに(切実!)。

素敵なお品をお売り頂きありがとう御座いました!

文京区関口にて勲六等単光旭日章、鼈甲眼鏡などを買い取り致しました。

 文京区関口のお客様より遺品買取りのご依頼を頂きました。まだまだ沢山あるそうですがひとまずご実家よりお持ちになった小物を、との事でK18金金具のべっ甲眼鏡や勲章、パイプに葉巻、ライターなどお売り頂きました。

勲章 K18 べっ甲 めがね メガネ

素敵なべっ甲の丸メガネ。古い物ですが虫食いや虫舐め無く良い状態。丸眼鏡、イケメンが掛けると知的な雰囲気ですが私が掛けると戦争映画に出てくる「ザ・日本人」みたいになってしまうんですよね。。。

来週末にまたご実家の整理に行かれるとの事、何か出ましたらまたお声掛け下さい!ありがとう御座いました。大量に荷物がある場合や売れる物があるのか、無いのか、どこから手を付けて良いのか、捨てて片付けてから呼ぶの!?などなど悩まれている方、お気軽にご相談下さいませ('◇')ゞ

中野区江古田にて掛軸、民芸品(ペコちゃんこけし)、三味線などをお売り頂きました。

 遺品買取で中野区江古田のお客様よりご依頼頂きました。骨董品と言うほどの物は無いと思うけど売れそうな物はどんどん買って下さい、とのお言葉。早速玄関から各お部屋を拝見。

お客様がこれはどう?と手に取り見せてくださる物になかなか査定が付けられる物が無く気まずい時間が少々、、、何か、何か出て来てくれ~っと心の中で呟いた時に見つけました。

民芸品

各地の土産物など小さな民芸品が飾られたガラスケース、、、その中に、、、

不二家ハイカップ ぺこちゃん

不二家ハイカップのオマケの小さなペコちゃんのこけし。これ、買えます!とお伝えするとお客様もようやく笑顔。ペコちゃんの横で泥鰌すくいをしているオジサンも中々可愛いですね。

その後、少しずつピックアップさせて頂き掛軸(初代満州鉄道総裁・後藤新平の書、他)や三味線、お琴(無料引取)、置物、花瓶や壷など贈答品など買取りさせて頂きました。お声掛け頂きありがとう御座いました!

台湾総督府民政長官 初代満鉄総裁 書 三味線など

遺品買取のご依頼で練馬区石神井のお客様より尺八など和楽器を買い取りさせて頂きました。

 練馬区石神井のお客様より遺品買取りのご依頼を頂きお伺い致しました。旦那様は熱心に尺八をされていたそうで5本の尺八に3本の篠笛、そして奥様のお使いだった三味線、お琴、締太鼓を買取させて頂きました。

銀三線藤巻金縁歌口

尺八は1尺5寸~2尺5寸まで6本御座いましたが1本は形見として残されるとの事でした。琴古流の尺八でどれも上質な真竹を用い継ぎ手は銀線藤巻、歌口の縁は金と上等な物ばかりでした。状態も非常に良く大切にお使いだったことが伺えます。

和楽器の他、処分にお困りだったと言う革トランク、文机、木製の本棚を買い取り、ついでに少しでもお役に立てればと査定は付きませんがタイプライター、木箱を引き取りさせて頂きました。お声掛け頂きありがとう御座いました!

東京都杉並区の解体現場にて掛軸など骨董品の買取りでした。

営業時間外やお急ぎの場合は下記携帯へ。
090-3403-5330(担当:山野)
留守電を残して頂ければ折り返します。

朝一番に解体業者様よりお電話頂き急いで現場へと向かいました。足場が組み終わったら残置物運び出すからそれまでに持って行けるもの運び出して、との事。さて、久しぶりの解体現場です。

玄関からかなりの残置物。パッと見てハイエース1台では積み切れそうになかったのでトラックとスタッフを急遽呼びました。到着するまで一人で品物を選り分け。ついついアチコチ見たくなり気が散ってしまうのですが経験上、端から虱潰しに作業するのが吉。

私が買い取らなければ捨てられてしまう、また処分量が減った方が解体業者さんは喜ぶ、と言うことで迷った物はひとまず箱に入れます。あとで結構捨てるものも出てしまいますが現場であれこれ考え始めると終わりません。。。お昼前にほぼ選別終了。

到着したトラックに家具類を積み込み箱詰めした小物や掛軸、陶磁器、竹籠など骨董品をハイエースに。解体屋さんに代金をお支払いして任務完了。お忙しいところ、積み込みをお手伝い頂き恐縮でした。

解体現場で買取りした骨董品

ハイエースに積み込んだ荷物、、、てこんな写真じゃ面白味が無いですね。

尾形乾山

取り出しやすかった品物を一つ。乾山銘の角皿、、、おいおい他もご紹介していければと思います。お声掛け頂きありがとう御座いました!

豊島区要町のお客様より佐藤清光の鉄瓶や中国の湯呑茶碗、煎茶器を高価買取させて頂きました。

 豊島区要町のお客様に生前整理をしているとのことでお声掛け頂きました。納戸や天袋に仕舞い込まれていた沢山の贈答品、ヤマハのアコースティックギター、中国から昔もって帰ったと言う湯呑茶碗などの茶器、佐藤清光の鉄瓶などを買取りさせて頂きました。

煎茶器 煎茶道具

「鉄瓶 四方山水文」の箱書、つまり四角い形で山水の模様が描かれた鉄瓶になります。少し小ぶりですっきりした姿が良いですね。殆どお使いにならなかったようで錆も少なく銅蓋もシミなど無く良い状態でした。

京利昌 青花龍文茶碗 青花花文茶碗

普段お使いだったようで何気なく食器棚に並んでおりました青花の龍文、花文の茶碗です。中国骨董と言うには少し若い湯飲みでしたが中国の煎茶器などは今、売れ筋と言うことで食器棚から選び出してお譲り頂きました。

お声掛け頂きありがとう御座いました!

文京区小日向のお客様より油絵(古川通泰など)やリトグラフ、浜口陽三の作品集などを買取させて頂きました。

 文京区のお客様より納戸の整理にともないお声掛け頂きました。 ボヘミアガラスや大倉の花瓶、薩摩切子の向付など贈答品が主でしたが写真の油絵(古川通泰)やリトグラフ、浜口陽三や小山敬三など有名画家の作品集なども買取りさせて頂きました。

絵画 油絵 ミクスメディア

画像は横向いてしまっていますが木の枝などを張り付けた(コラージュ)り独特の雰囲気ですね。古川道泰はお祭りなどを題材に北国の風土を描きファンタジックながらどこか懐かしい独特の世界観を感じる作品が多い画家(物故)です。今回買取りさせて頂いたのは祭りの夜を描いた作品、少し暗いですね、、、

古川通泰(1940年-2009年)略歴

1940年 富山県高岡市に生まれる
1981年 この年より画業に専念する
1982年 新制作協会展に出品以後現在に至る
1986年 第二九回安井賞 招待
1987年 第二十回現代美術選抜展 招待(文化庁)
1990年 ニューヨーク個展 日米美術協会主催(アメリカ)、グッケンハイム美術館 収蔵
1992年 新制作協会展 会員 推挙
1993年 フランクフルト個展(ドイツ)、この年より八尾町桐谷に制作の場を移す
1995年 ベルリン日独センター個展(ドイツ)
1996年 ロシア日本大使館 収蔵、イタリア日本大使館 収蔵
2005年 秋冬パリコレクションに参画
2007年 ベルリン日独センター個展(ドイツ)
以上、プロフィールより引用

お声掛け頂きありがとう御座いました!

中野区中央にて古家具、足踏みミシン、紫檀の花台などを買い取りさせて頂きました。

 中野区のお客様より建て替えのためのお引越しにともないお声掛け頂きました。昭和30年代の古い家具や戦前の足踏みミシン(シンガー)、紫檀の花台、着物、その他民芸品や贈答品など仕舞い込まれていた物をいろいろと買取りさせて頂きました。

時代家具 座卓 座机

写真、わかりにくいですが手前に古い本箱、その上に唐木の花台、奥にSINGERの足踏みミシンです。その他写真には御座いませんが小引き出しなど小ぶりの家具類、革トランク、電笠など出来るだけ生かせそうなものをピックアップして買取。

出来るだけ頑張ったつもりではありますがお客様から最初にご依頼頂いた桐箪笥は残念ながら虫食い、欠損などあり状態が悪く大変恐縮ではありましたが当店では引き受けられませんでした(汗)。

お声掛けありがとう御座いました!

練馬区大泉学園店にて茶道具を持込買取させて頂きました。

  練馬区大泉学園のお店までお茶道具をお持ち頂き頂きました。習っていた時に買い揃えた道具類だそうで点数はさほど御座いませんでしたが備前焼の岡山県重要無形文化財保持者で人間国宝山本陶秀の長男、山本雄一の掛け花や桶谷定一の茶入(象牙蓋)などを買取りさせて頂きました。

山本雄一 備前 桶谷定一 氏家玉藻 嶋台

少し大きめの箱は氏家玉藻作の嶋台茶碗。嶋基は内側が金、銀塗りの赤楽の重ね茶碗でお正月、初釜で濃茶の際に用いられるおめでたい茶碗です。やや箔が剥げているのが残念。これは茶筅で茶を点てた際に箔が少しずつ剥がれますので仕方ないことであり塗り直し(張り直し)も可能です。

嶋台茶碗の高台は金が五角形(写真右)、銀が六角形(写真左)となっており五角形が鶴(の飛んでる姿)、六角形は亀を表しているのだそうです。なんとも、縁起のいいお茶碗ですね。

嶋基茶碗 茶道具

お持ち込みありがとう御座いました!

練馬区大泉学園町のお客様より油絵(山田茂人、渡部ひでき)などを出張買取致しました。

 ご近所の方で先日ご来店頂き飾らないで仕舞い込んでいる絵画の件でご相談頂きました。本日お伺いし、ご相談頂いていた油絵を始め壷や皿などの贈答品、掛け軸などを買い取りさせて頂きました。

絵画 花 静物画

山田 茂人(1929~1991年)は昭和4年、愛媛県生まれの画家です。みかん農家に生まれ農業学校を卒業しましたが19歳のとき疎開してきた洋画家木村八郎と出会い感銘を受け、その後画家を志す。多摩美術大学の卒業制作は光風会展と日展に初入選。その後も日展に入選を重ね、2回の特選を受賞、日展審査員も務めた。平成3年逝去(享年62歳)(略歴資料引用)。

今回買い取りさせて頂いたような花の絵や風景画を多数残しており出身地の愛媛県立美術館、 八幡浜市にその作品が所蔵されています。渋い色彩の作品が多いのですがそれにしてもこちらの絵は少し暗くお客様も飾りあぐねたとの事。タイトルを見ると「残花」。作者が描きたかったその心は、、、感じますか?

お声掛け頂きありがとう御座いました!

東京都杉並区のお客様よりモンブラン社などの万年筆、パイプなどを買取させて頂きました。

 杉並区高円寺北のお客様よりお父様の御遺品の万年筆、デンマーク製のパイプ、仕舞い込まれたままの壷などの贈答品を買取りさせて頂きました。物書きをされていたそうで10本以上の万年筆があったそうです。

マイシュターシュティック 149 146

今回買い取りさせて頂いたのは形見分けで残った5本だそうでペリカンやシェーファーにモンブラン社のマイシュターシュティック149と146(銀キャップ)などが御座いました。キャップの頭に白い星マークがあるのがモンブランで、このマーク(通称ホワイトスター)は山頂に積もった雪をデザインした物だそうです。

MEISTERSTUCK 146 149

さらにペン先に刻印された「4810」の数字はヨーロッパ最高峰、モンブランの標高を示しています。一方、今回の買取品には御座いませんでしたが日本が誇る万年筆メーカーのプラチナ万年筆社は日本最高峰富士山の標高「3776」を入れたシリーズを作っていたりします。なんか、男心をくすぐりませんか?

お声掛け頂きありがとう御座いました!

杉並区高井戸西にて香筒や花梨座机、紫檀座卓など中国家具を買取りさせて頂きました。

 杉並区高井戸のお客様よりお声かけ頂きました。100年前から家にあったと言う銀象嵌のほどこされた唐木の文机、紫檀座卓、香筒、水盆、また写真には御座いませんが倉庫にしまいこまれていた花瓶や書画、飾り棚など色々と買い取りさせて頂きました。座卓や文机、竹製の香筒などは中国の物です。

花梨文机 花梨 文机 座机 飾り棚 班竹 煤竹 竹製 香木

この手の物は今が売り時じゃないでしょうか?我々業者も単に古い家具ですと現在ご希望に沿う買取りが難しいことが多く消極的になってしまいますが紫檀など中国の家具であればだいたいご期待を超える評価が出来るので自信を持って買い取りにお伺いする事が出来ます。

遺品整理や家屋を解体される際に写真のような古くて重たい木で出来た家具が御座いましたら是非お声かけ下さい。ありがとう御座いました!

練馬区南大泉にて津軽三味線、琴など和楽器を買い取りさせて頂きました。

 長くお使いになっていない和楽器があると言うことでお声掛け頂きました。三味線2丁にお琴一面です。三味線の皮が破れていたためお客様は処分して貰えればと言うことでしたが、太い象牙の糸巻、トチの入った紅木、子持ち綾杉彫、金ホゾ、と言うことでしっかり査定させて頂きました。お琴の方は練習用のため査定はつきませんでしたがお客様のご希望で引き取りさせて頂きました。

和楽器 三弦

もちろん一緒に見せて頂きました象牙の手元に鼈甲先の撥も査定、合わせて買取させて頂きました。あまり買い取りする業者が無いためかお陰さまで全国より三味線、尺八などの和楽器の買い取り依頼を多数頂いております。宅配買取でも対応可能ですのでお気軽にお声掛け下さい。

べっ甲 バチ

お声掛け頂きありがとう御座いました!

中野区中野にて松久宗琳の仏像(ブロンズ、阿修羅像)をお譲り頂きました。

 中野のお客様よりお声掛け頂きました。松久宗琳の約70cmほどの大きめな阿修羅像です。残念ながら箱などは御座いませんでしたがケース内に大切に飾られていたため綺麗な状態です。

仏像 銅像 ブロンズ

松久宗琳は大正15年に生まれ昭和期に活躍した仏師で大阪四天王寺の仁王像に始まり京都金閣寺の足利義満像なども作成した仏像彫刻家で各所の寺院に多数の仏像を残し平成4年に逝去されました。今回買取りさせて頂いた仏像もそうですがある程度数が作られているものが多く(数量限定ですが)古物市場でも比較的良く出回っているようです。

仏像は現代のものから古代の物まで、日本はもちろん中国、チベット、インド(ガンダーラ)など幅広く買い取り致します。仏様ですので供養されるのも一つの方法だとは思いますが次に大切にされる方の元へお届けするのもまた一つだと思います。お手持ちの仏像の行き場にお悩みの際は当店にご相談下さい。

お声掛け頂きありがとう御座いました!

東京都杉並区のお客様より純銀の茶托、中国朱泥の急須のなど煎茶器、万年筆、金のネクタイピンなどを持込買取させて頂きました。

 遺品整理をしていて出てきたとの事でわざわざお持ち頂きました。銀だからと言って溶かされるのは忍びないと当店をお選び頂いたとのこと、嬉しい限りです。本日はかさ張らない小物だけ選んだと言うことで10金のネクタイピンやカフス、万年筆、煎茶器などを買取りさせて頂きました。

煎茶器 銀瓶

純銀の茶托や急須、銀瓶などは高値で売買されておりますので流石に溶かしてしまう業者さんはいないと思いますが買取の際は重さ基準、と言う業者さんもいるかも知れません。当店では品物として高く評価致します。

また、大きくてお持ち頂けない場合や大量のお荷物の場合、または買い取り対象になるものがあるのか分からない、などと言う場合はお気軽にお声掛け下さい。内容によっては東京近郊はもちろんどちらでも出張料無料にてお伺い致します!

ありがとう御座いました!

杉並区松庵にて着物、鉄瓶、絵画などと共に出張買取させて頂いた掛軸(小池曲江、渡辺省亭)です。

 杉並区松庵のお客様より建て替えに伴いお声掛け頂き桐箪笥とその箪笥に仕舞ってあったお着物、鉄瓶、掛け軸などを買取りさせて頂きました。

かささぎ 牙軸 沈南蘋

写真は左が渡辺省亭の松に鵲、右が小池曲江の鳳凰図。省亭は秋田藩出身の明治時代~大正時代に活躍した画家です。どこか洋風な雰囲気も併せ持つ写実的ですっきりとした作風はヨーロッパでも高く評価されたました。俳人の渡辺水巴は息子。

曲江は仙台藩出身、江戸時代(1758~1847年)に活躍し仙台四大画家(東東洋、菅井梅関、菊田伊洲)と呼ばれる一人です。中国(清)から1716年に長崎に渡来した沈南蘋の花鳥画の影響を受けたいわゆる南蘋派の画家で今回買い取りさせて頂いた花鳥図も濃密な色彩と細かな描写の鳳凰にその特徴を見て取れます。

なんとなく端から2点選んでみましたがどちらも素敵な花鳥図でしたね。
お声掛け頂きありがとう御座いました!

練馬区東大泉のお客様より旧日本軍の軍服・外套、勲章(金鵄勲章)などを買い取りさせて頂きました。

 練馬区東大泉のお客様より物置の整理にともないお声掛け頂きました。恐らく戦後70年仕舞い込まれたままだったという軍服・外套、勲章を初め戦前の絵皿や火鉢などを買取りさせて頂きました。軍服は発見(?)当初は樟脳の匂いがきつかったそうですがその後、洗濯・虫干して頂いたそうで僅かな虫舐めが見られるものの大変良い状態でした。

勲章 制帽 旭日章 瑞宝章

いわゆる官給品では無くオーダー物で冬服・外套など当時としては良い生地で仕立ててあるように思います。勲章は功五級金鵄勲章や旭日章、瑞宝章のほか従軍記章、満州帝国皇帝訪日記念章など。

 従軍記章

東大泉は昭和18年に陸軍士官学校が市ヶ谷から朝霞に移転したのに伴い軍の将校たちのために開発された住宅地で地元では将校住宅などと呼ばれる閑静な住宅街です。そんな街の歴史を感じる買取でした。お声掛け頂きありがとう御座いました!

中野区丸山のお客様より鉄瓶(龍文堂)や茶釜、鵬雲斎の書付の棗や水指など茶道具を買取りさせて頂きました。

  お茶の先生をしてらしたお客様よりお屋敷の建て替えを控えて大量にあるお茶道具を整理しているので見に来て欲しいとお声掛け頂きました。茶碗、茶掛けは以前、別の業者さんへ売却済みとの事で当店は水指、釜、炉縁、鉄瓶などをご依頼頂きました。その後、棗や香合などもお出し頂き最終的に押し入れ半間分ほどのお茶道具を買取りさせて頂きました。

書付 花押 一舟

色々とご紹介したいのですが本日はちょうど季節の一品。秋草の蒔絵が見事な大棗をご紹介させて頂きます。一面に秋の草花の蒔絵が施されています。蒔絵と一口に言いますがこの小さな棗の中にもいわゆる金蒔絵から螺鈿、梨地など様々な技法が用いられ緻密な模様が表現されています。

棗 2

ため息が出ますね。。。

棗 3

蓋の内側には裏千家第十五代鵬雲斎大宗匠の花押。作者は初代清瀬一光の弟子、加賀蒔絵師の田村一舟です。素敵な一品を買い取りさせて頂き誠にありがとう御座いました!

大泉学園店にて掛軸、古銭(一朱銀)、日本刀(短刀)などを持込買取させて頂きました。

 チラシをご覧頂いたお客様にお持込み頂きました。ご遺品の整理をされていたそうで色々お持ち頂きましたが買取させて頂いたのは写真の通り、掛け軸、古銭、短刀、カメラです。

古銭 カメラ

掛軸はお坊さんの書などであまり査定の付けられる物は御座いませんでした。刀は無名、細身で平造りの短刀です。状態は薄錆が少し見られましたが刃切れなど致命的な欠点は御座いません。金額にしてしまうとさほどの金額では無いのでどなたかご家族が受け継がれるのも良いかと思い提案させて頂きましたがどなたもいらっしゃらないとの事で買取りさせて頂きました。

当店が責任を持って次のご主人のもとへとお届けしたいと思います。
お声掛け頂きありがとう御座いました!

象牙彫刻(高砂)、象牙の宝船(七福神)などを買取致しました。

 大泉学園町のお客様よりお引越し前の整理に伴いお声掛け頂きました。象牙の宝船(清水信生)や同じく象牙の高砂(加藤古山)、水晶や木彫の置物などを買取りさせて頂きました。いずれも2~30年程前にかなりの額でお求めになられたそうですが現在の相場ですと小売でも当時の価格の1割に届かず買い取り額は購入金額の数%、と言うなんとも申し上げにくい金額になってしまうのが現状です。

清水信生 珊瑚 七福神 象牙 珊瑚 宝船 2

高さ80cm程の大作。七福神はもちろん宝箱や鯛など小物の細部まで丁寧に彫り上げられ、珊瑚の原木も立派なものがあしらわれており写真で見る以上の迫力、当時の価格にも納得の一品です。高砂の彫刻も高さ20cm程、無垢材から彫り出されたどっしりとした作品でした。

加藤古山

お声掛け頂きありがとう御座いました!

練馬区石神井公園のお客様より大量の作家物の陶磁器、贈答品と共にお譲り頂きました人間国宝、伊勢崎淳の花生です。

 練馬区石神井公園のお客様より膨大な量になってしまった陶磁器のコレクションを整理しているとの事でお声掛け頂きました。所狭しと並ぶ陶磁器の数々、まずは飾り切れなくなって物置に仕舞いこまれている作品からとの事で本日は物置に仕舞いこまれていた陶磁器や贈答品などを買取りさせて頂きました。

人間国宝 花瓶

写真は備前焼の人間国宝伊勢崎淳の花生です。1998年に兄の伊勢崎満と共に岡山県重要無形文化に認定され岡山県文化賞など受賞多数、のち2004年には重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されています。今回買い取りさせて頂いた花生などの花器から徳利、ぐい呑などの酒器、そして茶碗、茶入など茶器、茶道具まで作品は多岐に渡ります。

お声掛け頂きありがとう御座いました!

中野区沼袋のお客様より北村西望の聖観世音菩薩像や古道具、古い鉄瓶、象牙のパイプなどをお譲り頂きました。

 中野区のお客様より北村西望のブロンズ像があるとお電話頂き買取りにお伺い致しました。その他にも値段が付けばお願い、とのことで各お部屋を回らせていただき象牙とマッコウクジラの歯(鯨歯)のパイプ(吸い口)や古い鉄瓶、油絵、版画などをピックアップし買取させて頂きました。

観音 聖観世音菩薩 仏像

北村西望は朝倉文夫らとともに近代彫刻の発展に注力した言わずと知れた日本を代表する彫刻家です。明治17年長崎生まれ。長崎の平和記念像などは特に有名ですし修学旅行などで見に行かれた方も多いのではないでしょうか。今回買い取りさせていた聖観世音菩薩は数多く造られたため比較的よく眼にする作品です。

抹香鯨 マッコウクジラ

こちらは一見象牙のようですがマッコウクジラの歯で造られたパイプです。写真ではわかりにくいですが長さ10cm以上と大きなパイプです。その他、古い南部鉄瓶や古道具、昭和30年代の家具類などお売り頂きました。ありがとう御座いました!

 

杉並区浜田山のお客様より骨董品(紫檀の巻足花台、掛軸、象牙置物)などを買取りさせて頂きました。

 杉並区浜田山のお客様より建て替え前の整理に伴いお声掛け頂きました。明日には処分業者さんが来るとのことで時間の余裕が無い中、骨董品を初め掛軸や象牙の置物、着物などを買取りさせて頂きました。写真は恐らく大正頃からあっただろうと仰っていた唐木の巻き花台です。

巻足花台 紫檀 紅木 花梨

厚みが2cm近い無垢材で作られておりその重さは約6kgと非常に重く、多少の汚れなどは御座いますがガタツキや割れなど無く手入れをしてあげれば更に100年は使えそうなしっかりした状態です。薄いつくりのものは比較的良く買い取りするのですがここまで立派な紫檀の巻き花台はめったに入りません。

限られた時間の中でしたが何とか後世に残すべき品々は買取させて頂けたかと思います。お声かけ頂きありがとう御座いました!

 

練馬区の大泉学園店にお持込買取させて頂いたナチスドイツの勲章、体力検定章、バッチなどです。

 勲章 体力検定章

 旧日本軍やナチスドイツの軍装品コレクター様より買い取りさせて頂いたナチスドイツのバッチ類です。1939年の騎士鉄十字章、体力検定章、党員バッチなどです。ドイツ物は偽物やれプリカが多く出回っていますがこちらはそれぞれ10万円以上出して専門店で購入された本物になります。今回、ナチスの物を整理されるとのことで買取りさせて頂きました。購入価格には遠く及ばず恐縮でしたが現在の相場にあわせて目一杯の査定を付けさせて頂きました。

お持込みありがとう御座いました!

東京都墨田区のお客様より薬箪笥、長火鉢などの時代家具をお売り頂きました。

 ご実家の解体に伴い引き上げてきた古家具などがあるとのことでお伺い致しました。明治時代からあったと言う薬箪笥に長火鉢などを需要の低さから査定はシビアになってしまいましたが買取させて頂きました。その他にも古い物も色々とあったそうですが細かい雑多なものは捨ててしまったとのことでお客様、私ともに引き上げ前に呼んでいれば(呼んで頂けていれば)と少し残念な気持ちに、、、(涙)。

東京スカイツリー 薬箪笥 長火鉢 銭箱

近くまで来て見上げるが今日も素通り。。。東京スカイツリー。一度は登ってみたいと思いながら本日も日曜日、人が多そうなのでそのまま帰途につきました。お声かけ頂きありがとう御座いました!

本日、練馬区の大泉学園店にお持込み頂いた浜田庄司の筒、象彦のお盆など贈答品です。

柿釉 抜絵

まず御一人目は事前にお電話頂いていたお客様、「少量なので」と、わざわざお持ち頂きました。贈答品ですが1点、益子焼の人間国宝、浜田庄司の筒が御座いました。代表的な柿釉で抜絵の「筒」。用途は筆筒でしょうか?花生でしょうか?こちらは1点での買取り査定、その他は恐縮ながら段ボール2箱分まとめての査定となりました。金額をお伝えするとフリーマーケットに出そうか迷ったけどこっちに持ってきて良かった、とのお言葉。ありがとう御座いました!

お二人目、やはり事前にお電話頂いていたお客様の日本刀、三味線をお見積もり。相見積もりを意識して出来る限りの買い取り額を提示させて頂きました。その後、飛び込みのお客様より程度の良いCOACHのトートバックとシャネルのネックレスを買取させて頂きました。

COACH トートバック

続けて歯医者の帰りと言うお客様より金歯、そして今しがたお買い物のついでと言うお客様にお持頂いた可愛らしい指輪を1点買い取りさせて頂きました。古いものを主に取り扱いしていますが再販可能なものであれば幅広く買取させて頂きますので何なりとお問い合わせ下さい。

金歯 10金

不在がちな大泉学園店ですが本日はタイミング良く皆様をお迎えすることが出来きました。ただ、担当者の不在が多くお客様に無駄足となってしまうと申し訳ありませんのでお持込みの際は事前にお電話頂けますようお願い致します。

ありがとう御座いました!

 

杉並区永福町のお客様より買取させて頂きました金蒔絵が素晴らしい輪島塗の会席膳です。

 ご実家の売却に伴いお声かけ頂きました。値段の付くものは出来るだけ買取りお願いします、とのことで色々と拝見させて頂きました。中でもお客様と共にこれは良いですね!と暫し眼を奪われたのが輪島塗の会席膳。

川端 金蒔絵

十客全てに見事な菊花の金蒔絵、煌びやかで使うのも憚られるような気がしますが実際、使用された形跡が殆ど御座いません。内袋のたラベルを見ると明治期の物のようです。漆器は反りやキズ、蒔絵の剥がれなど経年にともなう傷みのあるものが多いのですがこちらは全くそう言った傷みも無く時代を感じさせない素晴らしい状態。

金蒔絵 ラベル

目一杯の買取査定を付けさせて頂きました。その他、時代家具、雛人形、茶道具、掛け軸、唐木の硯箱など買い取りさせて頂きました。お声掛け頂きありがとう御座いました!

練馬区の大泉学園店に都山流の尺八、三味線、象牙の琴柱など各種、和楽器をお持込み頂きました。

 都山流の師範だったお爺様の尺八3本+1本とお婆様の三味線、象牙の琴柱などをお持込み頂き買取させて頂きました。尺八は大変古いもので所々ヒビなど御座いましたが割れ止めが施されており内側までは割れておらず古いなりですが良く手入の届いた素晴らしい尺八でした。

和楽器

その他、紅木の三味線、象牙の琴柱など高級品が揃っておりましたので頑張った買取査定額を付けさせて頂きました。ただ、お琴は演奏会用は貰い手がいらしたそうでお持ち頂いたのはお稽古用のみ、恐縮ながら買取り査定は付きませんでした。当初、何件かに見積りしてもらい高い業者に売却すると仰っていましたが査定額を提示すると他に行くのも手間だから、とその場で買取させて頂きました。

多数のお持込みありがとう御座いました!

1 / 212