練馬区錦のお客様よりお売り頂いた勲章(瑞宝小綬章)です。

瑞宝小綬章 勲四等瑞宝章

 2002年の閣議決定により改正前の勲四等瑞宝章に当たる勲章です。2003年以降、警察署長や税務署長、公立高校校長など長期にわたって公務等に従事された方の功績に応じ授与される勲章になります。今回買取りさせて頂いた瑞宝小綬章は箱、勲記、略綬も揃っており全て外箱に入れて保管されていたためとても綺麗な状態。

主にコレクションの対象として売買されるため同等の勲章でもやはり状態により価格が変わります。箱、略綬が無い場合などは弱気な査定にならざるを得ませんが今回のように良い状態であれば目一杯高値での買い取りが可能です。もちろん、明治時代など古い勲章であれば状態が悪くても希少性から高値が付く場合も御座います。

持て余している勲章・褒章・従軍記章など御座いましたらお問い合わせ下さい。

ご依頼ありがとう御座いました!

小石川にて蔵に眠っていた古い紫檀の花台や竹の花籠、鉄瓶、木版の双六などをお譲り頂きました。

 夏季休業中は何かとご不便をお掛け致しました。本日より通常営業再開いたしましたのでどうぞ宜しくお願い致します。休業中にメールや留守電にてお問い合わせ頂いた方には順次対応させて頂いております。着信のみの方には折り返しを控えさせて頂きましたのでご了承ください。改めてお電話頂ければ喜んで対応させて頂きます('◇')ゞ

さて、お盆休み前の買取りですがこちら解体前の蔵から拾い出した品々です。古い水屋箪笥があるとのご依頼でした。その他、紫檀の座卓や小さな文机など。母屋も蔵もだいぶスッキリしていたのでお聞きすると殆ど捨ててやっとココまで整理したとの事、、、

紫檀花台 竹花籠 火鉢

下の写真の古い珊瑚やべっ甲の櫛・簪など、既にゴミ袋へ投入済みでしたがギリギリセーフ(^^;)その他、戦前の木版の雙六や絵葉書など、量とすると僅かですが残っているもので生かせそうなお品物は全て引っ張り出して買い取りさせて頂きました。

櫛笄 珊瑚 鼈甲

豆ランプ 火屋 油壷

こんなに可愛らしい豆ランプの火屋も割れずに発見!見つかりませんでしたが元々は素敵な油壷にのっていた事でしょう、、、お声掛け頂きありがとう御座いました!

雑司ヶ谷にて安田靫彦の白梅図などの絵画、版画などを買い取りさせて頂きました。

 リフォーム前の整理にともないお声掛け頂きました。買取りさせて頂いたのは美術にかかわるお仕事をされていたお爺様の御遺品である絵などが中心です。生前お付き合いのあった作家さんから直接頂いた物が殆どとの事。

安田靫彦 白梅

写真は色紙画ですが安田靫彦の直筆作品。その他にも聞けば美術に興味の無い方でも知っているような錚々たる面々の作品がズラリ。ただし、額装された作品は相続の際にすでにご売却済みだそうで、今回出て来たのはたまたま天袋に取り残されていたという画用紙にかかれたデッサンや水彩画、色紙に似顔絵など小品のみ。

額装もされず20点ほどを束ねて保管されていたのでシミや折れ痕なども見られたため買取価格は名前の割に控えめ(;^_^A、、、

鏑木清方 美人

こちらはシミだらけで折れ曲がった鏑木清方、、、残念ですが致し方無いですね。残されていただけでも感謝です!お声掛け頂きありがとう御座いました(^-^)

常盤台のお客様より掛け軸や蒔絵の重箱、吸物椀、着物などをお売り頂きました。

 ご自宅の地下倉庫の整理にともないお声掛け頂きました。地下室にはお爺様が集めたと言う骨董品や絵画、人間国宝の陶磁器などが整然と、そしてギッシリ並んでおりました。。。買取りさせて頂いたのは古い漆器や着なくなった着物、掛け軸など。

掛け軸 蒔絵 重箱 吸物椀

掃除の際にふと箱を開けると古い漆器類に傷みが出始めていたそうで、このまま仕舞い込んでダメにしてしまってはお爺様に顔向けできないと、今回のご相談に至ったそうです。

明治~大正、昭和の初めころの漆器類で一部傷みのあるお品物も御座いましたが今、出来上がったかのような状態の良い品も。個人的には古手の象彦、絵変りの吸物椀が良かったですね(^-^)どれもすぐに大切に受け継いでくれる方の元へ納まると思います!

京都 象彦 絵変り 吸物椀

お声掛け頂きありがとう御座いました!

中野区江原町にて茶道具、掛け軸、古い五月人形(五月飾)などをお譲り頂きました。

 リフォーム前の整理を機会に使わない茶道具や仕舞い込んだままの物を処分したいとの事でお声掛け頂きました。茶碗や茶掛け、茶入、などのお茶道具をはじめ、掛け軸、花生け、花瓶、座卓、油絵などを買取りさせて頂きました。古い五月人形は値段は付けられませんでしたがお客様のご希望で合わせて引き取りさせて頂きました(五月人形やお雛様、日本人形のみですと対応が難しいことが多いのが現状です)。

茶道具

金額的に中心となったのはやはり大切にされていたお茶道具。裏千家家元15代鵬雲斎書付のある刷毛目茶碗から、、、

鵬雲斎 箱書 書付 刷毛目 茶碗

普段使いにしても素敵な小次郎窯(西岡小十)の向付まで、、、

西岡小十 小次郎窯 向付

個人的には蒔絵押しなので、、、

角出俊平 蒔絵 棗

こう言った見たまま綺麗な蒔絵のお品物は高めに値踏みしてしまいがちですね(;^_^A

お声掛け頂きありがとう御座いました!

大泉学園店まで尺八、掛け軸、花瓶などをお持ち込み頂きました。

 連休中にご実家の整理をした際に出て来たとの事でお持ち込み頂きました。琴、三味線、長火鉢などもあったそうですが大きいのでご実家近くのリサイクルショップに引き取ってもらったそうで当店には尺八、掛け軸、花瓶、皿など小ぶりなお品物をお売り頂きました。

尺八

在銘、銀三線藤巻中次、都山流の尺八で、こちらが買い取り価格のメインでした。お値段をお伝えすると三味線とお琴も頑張って持ってくれば良かったかなとのお言葉。。。和楽器はピンキリでお稽古用ともなると当店でも買取りが出来ないことも多々あるので現物を拝見してみないと何とも言えませんが私も見てみたかったですね(^^;)

ともあれ、遠方よりお持ち頂きありがとう御座いました!

永福にて急須や茶入、鉄瓶などの煎茶道具と着物、花瓶、壷などをご売却頂きました。

 ご実家の整理にともないお声掛け頂きました。いわゆる茶道ではなく煎茶道をやっていたそうでその道具類、着物、花瓶や壷などを買取りさせて頂きました。古いものばかりと仰っていましたがここ数十年で買い揃えたと思われる茶道具ばかりで私の感覚ですとどれも新しいお品物(^^;)

急須 如意 唐木盆 竹籠

急須や唐木の如意、煎茶盆。時代があれば驚くような値の付く場合も御座いますが現代のお品ですと中々そうは行きません。とは言え、錫の茶托や茶入など煎茶道具は売れ筋ですので今の物でも喜んで買い取りさせて頂きます。。。

錫 茶入 茶托

純銀(南鐐)製の火箸も。こちらは金谷五郎三郎造でした。その他、瓶掛けや竹の結界、茶合などなど、お使いだった道具一式。お声掛け頂きありがとう御座いました!

茶合 青貝 煤竹 班竹結界 瓶掛け火鉢

南長崎にて純銀製の急須や茶托などの煎茶器、掛軸、衝立、花瓶などを買い取りさせて頂きました。

 ご実家建て替えに伴い整理をしていたところ、銀製の茶器が出て来たとの事でお電話頂きました。純銀の急須で茶托も5客セットになっており未使用の状態。純銀製の湯沸し(銀瓶)ほど高額ではありませんが持ち手も象牙ですしお客様にご満足頂ける金額で買取りさせて頂くことが出来ました。

銀瓶 湯沸し

他にも値が付けば、との事でしたのでお客様と共に各お部屋を周り、綺麗な蒔絵が施された輪島塗の衝立や欅の茶箪笥、掛け軸、床の間に飾ってあった花瓶、香炉、食器(ティーセット)などをお売り頂きました。最終的にはお客様のご要望で値の付かなかった傷みのある火鉢なども引取り、、、傷のある瀬戸火鉢の再販は難しいのですが、整理の一助になればと言う事で(^^;)

お声掛け頂きありがとう御座いました!

荻窪のお客様よりお譲り頂いた演奏会用のお琴と象牙の琴柱です。

 使わなくなって久しいお琴があるとの事でお声掛け頂きました。琴の買取りのご依頼は良く頂くのですが当店で買い取り出来ない練習用が殆どです。その度にお断りせざるを得ない事が多く心苦しいのですが今回は演奏会用の立派な13弦が1面と合わせてお使いだった象牙の琴柱です。

象牙 琴柱 14本

ご両親がお使いだった和楽器などで価値が分からず買い取りの対象になるかわからない場合はお気軽にご相談頂ければと思いますが簡単に見分けられるポイントが幾つか御座いますのでまずは下記をご確認ください。

琴 くり甲 綾杉彫

ズバリ、ココです!お琴の底面に開いている穴から面の内側をご覧下さい。上記の写真の様にのこぎり状の彫(綾杉彫と呼びます)が施されていれば基本的には値の付く楽器になります。あといくつかのポイントと材質、状態や付属品などで査定額が決まります。

一方、買い取りが難しいお琴は、、、すいません、適当な画像が見つかりませんでしたが縦方向に一直線の彫(すだれ彫)となっているかと思います。こちらは残念ながら再販が難しいため買取り出来ないことが殆どです。申し訳御座いません_(._.)_

いずれにしましてもご不用な和楽器が御座いましたらお気軽にご相談を!

板橋区蓮沼町にて買い取りさせて頂いた鉄瓶で有名な鋳金師、亀文堂 波多野正平の仏像です。

 蓮沼町のお客様より家屋解体にともないお声掛け頂きました。3年以上空き家状態だったそうですがここに来て急遽解体が決まり片付けを始められたとのこと。お伺いした時点では殆ど手付かずの状況でしたのでお客様と共に各お部屋を物色。。。

この作業、どこか気が引けて奥深くまで探せないのですが今回はお客様より解体費用を捻出したいから出来るだけお宝を探し出して!との命を受けたため文字通り隈なく捜索。

鉄瓶 仏像

2時間ほどの捜索作業の末、名品発見。。。と言ってもこちらはお父様が大切にされていたそうでお客様もご記憶があり、捜索開始後すぐに見つかったのですが(^^;)。鉄瓶で有名な亀文堂の祖、波多野正平の作品(聖観世音像)です。

同人や、同時代の名工、龍文堂安之介や秦蔵六の鉄瓶が出てきたら本当に解体費用が捻出できるなぁ、、、と思いながら捜索作業をしていたのですが発見ならず。それでもお客様にはご満足頂ける査定額を提示出来たかと思います。

お用命頂きありがとう御座いました!

上井草の解体現場にて出て来た火消しの刺子半纏、鉄瓶、模造刀、木彫り置物、絵画など。

 上井草の解体現場にて解体業者様よりお電話頂きました。昨日の今日のご希望でしたがちょうど予定が空いておりお伺いすることが出来ました(^-^)。買取りさせて頂いたのは火消しの袢纏や鉄瓶、模造刀、袖搦(袖がらみ)、木彫りの恵比寿大黒、壁に掛けられたままだった絵画などなど。

刺子半纏 火消し

施主様の「少しでも捨てずに生かしてほしい」と言うご希望からのご依頼でしたので状態が悪くあまり査定は付けられませんでしたが楢の無垢材で作られたクサビの本棚や食器棚(昭和2~30年代)、ちゃぶ台、長火鉢なども買い取り。2トントラックの床が殆ど見えなくなる程の量となりました。

今回はご希望通りお伺いすることが出来ましたが当日ご希望が多い解体現場の買取依頼。お伺いしたくても叶わない場合が御座いますので出来るだけ前もってお電話頂けると助かります(もちろん、当日のご依頼も可能な限り対応させて頂きます('◇')ゞ。

お声掛け頂きありがとう御座いました!

高松のお客様よりお売り頂きました河井寬次郎の茶碗(呉須泥刷毛碗)です。

 豊島区高松のお客様より茶道具買取りのご依頼頂き河合寛二郎の茶碗をはじめとするお茶道具を一式お譲り頂きました。以前、お母様が教室をやってらしたそうで野点傘や路地行灯、茶懐石道具、七事式道具など本当に茶道具一式、様々なお品の買い取りとなりました。

河井つね 識箱 茶碗

主な道具はお弟子さんやご兄弟でお分けになり、お客様はこちの茶碗を譲り受けたそうです。ただ、今後お使いになることも無いだろうし箪笥の肥やしするより誰かに使って貰えればと言う事で、合わせてご売却頂きました。

妻、河合つねの識箱で本人の箱では無いのが残念ですが贅沢は言えません。名品をお売り頂きありがとう御座いました!

石神井町のお客様より古いバイオリンやカメラ、ユンハンスの柱時計、高蒔絵の煙草盆などを買受け致しました。

 練馬区石神井町のご実家の整理に向かう際、たまたま当店の買取りの案内看板を見てお電話頂いたとの事です。殆どの物は処分したけど捨てるに忍びないバイオリン、ピアノなどがあるとのことでした。お伺いするとなるほど、殆ど片付いた状態。部屋の隅に置かれたヴァイオリンを査定しつつ何気なく部屋を見渡すと目に飛び込んできたのは素晴らしい蒔絵の煙草盆。

錫茶入 戦前油絵

お聞きすると傷みもあるし捨てようと思っていたとの事(*_*)。他にも捨てるつもりで片隅に纏められていたお荷物を見せて頂き、銀の煙管、錫の茶入、作者は不明ですが戦前に描かれた雰囲気の良い油絵や銅版画など絵画数点、柱時計、古銭、舟越保武のブロンズ像などがありすべて買い取りさせて頂きました。

色々と捨てる前にお呼び頂ければ、、、(>_<)。ともあれ、お声掛け頂きありがとう御座いました!

文京区千石のお客様より買取りさせて頂いた茶入れなどの煎茶器、香合、香炉など。

 文京区千石のお客様より解体前の片付けにともないお声掛け頂きました。先月、一度お伺いし掛軸や絵画、伊万里焼の飾り皿など買い取りさせて頂いていたのですが整理が進むにつれ納戸の奥から古い茶道具らしき物など、古臭い品々が出て来たとの事でお電話頂きました。

香盆 錫茶入

お伺いしてみると高麗青磁の香合や螺鈿の香盆、錫茶入や可愛らしい小さな水晶の香炉などなど。茶道具でも急須や湯呑など煎茶の道具類。お客様は古くて汚れてるから申し訳ないし捨てようか迷ったんだけど、と仰っておりましたが、これです。これなんです!

李朝

前回お譲り頂いた綺麗な掛軸や飾皿も素敵なお品物でしたが、こう言った古いお品物を探しています。結果、お支払いした金額も前回よりも少ない品数ながら倍以上。お聞きするに明治初め生まれの曾祖母のお持物ではないかとの事、捨てられず何よりです(^-^)

お声掛け頂きありがとう御座いました!

荒川区西日暮里のお客様より掛け軸や茶道具などを買い受け致しました。

 荒川区のお客様よりご自宅の建て替えにともなう整理でお電話頂きました。同居のための建て替えとのことで「良いですね~」と私が軽口を叩くと、この家壊すんだから胸が痛いよとご主人様。。。確かに言われてみれば立派な茶室にお庭、壊すには忍びない素敵なお屋敷、軽はずみな発言を反省。

掛軸

お売り頂いたのは床の間も無くなるからと掛軸、、、そして茶道具、鎌倉彫の小引き出しや茶櫃に煎茶器、仕舞い込まれていた贈答品など。終始寂しそうなご主人でしたが最後に捨てずに済んだだけ気が楽になったとのお言葉。買取りさせて頂いたお品物は責任をもって次の方の元へとお届けさせて頂きます。お声掛け頂きありがとう御座いました!

1 / 712345...最後 »