埼玉県川越市にて壷や花瓶、徳利などをお売り頂きました。

 埼玉県川越市のお客様より引っ越しに伴いお声掛け頂きました。殆どはしっかりした桐箱に入った近年の作家物の陶磁器。壷や花瓶、酒器などなど。旅行先で見るとは欲しくなり買い集めたそうです。今回、お引っ越し先に持ち込み切れないためお気に入り数点を除き出番のなかった物はすべて買取りさせて頂きました。

備前の花瓶、壷など

特に古い物でも無く、さほど値の付く作家の作品でも無く、、、査定額に少しひかれてしまいましたが心苦しくも現在の古物相場に合わせると目一杯でして。。。私としては一番大きな壷(写真に写っている壷ではありません)は100万円で購入されたと言うお話にびっくり、、、

陶芸家の方が100万円と付けて確かに100万円で売れたのですから値段として間違ってはいなかったわけで、、、当店では相場に合わせてしか買えないのですがそれは企業努力が足りないのかな?!かと言って他店では5万円で売っている物に当店だけ10万円とは付けられませんし、、、でも10万円で買う方がいれば10万円の価値があったわけで、、、う~ん。。。古物の相場って、、、?!?!などと悩みながらの帰路となりました(*_*)

ともあれ、最後はスッキリして良かったとのお言葉を頂き一安心。
お声掛け頂き誠にありがとう御座いました!

埼玉県川越市にてお売り頂きましたユールヤーゲンセンの金時計やカルティエの腕時計です。

 川越市のお客様よりお声かけ頂きました。ユール・ヤーゲンセン(Jules Jurgensen)の金時計を始めカルティエ、ブローバなどの古い腕時計です。だいぶ時代感は御座いますがどれもオーバーホールしながら近年までお使いだったそうで実働品です。

腕時計 ヴィンテージ

写真には御座いませんがデュポンのライターを含めてなかなかお客様の強い思い入れに答えることが出来ませんでしたが最終的には折り合いをつけて頂きすべて買取りさせて頂きました。

お声かけ頂きありがとう御座いました!

埼玉県川越市のお客様より日本刀、甲冑(鎧兜)、紫檀の家具(文机)などを買い受け致しました。

 埼玉県川越市のお客様より蔵と母屋を全て解体されるとの事でお声掛け頂きました。当店でなんとか出来る物は出来るだけ買取ご希望との事で隅から隅まで一日かけて拝見させて頂きました。一番最初に目に入ったのがこちら。

座卓 花台 唐木 花梨

龍の彫刻が四方に施された紫檀の文机です。お屋敷を建てられたのが明治時代との事でしたがこの家具もそれに近い時代~昭和の初期の物だと思われます。時代箪笥など和家具は以前に比べると売れなくなっておりますが中国人が好む唐木(紫檀、花梨、黒檀など)の家具類は座卓、椅子、テーブル、花台などあらゆる物が盛んに売買されております。当店でも古い唐木の家具でしたら傷んでいたり欠損があるようなものでも喜んで買い取りさせて頂きます!

その他、火鉢、小さめの家具から刀、槍、甲冑、そして尺八などの和楽器まであらゆる物を大量に買取りさせて頂きました。時間がある時においおいご紹介出来ればと思います。お声掛頂きありがとう御座いました!

埼玉県川越市のお客様より電笠や氷コップなどの大正~昭和初期の和ガラスをお譲り頂きました。

 川越市のお客様より家屋の解体に伴いお声掛け頂きました。まず、出していただいたのは氷コップや古い印判のお皿から瀬戸火鉢、日用雑器など。買取査定の付かない物も御座いましたが出来るだけ引き取りをご希望との事でしたのでリサイクルできそうな物は極力引き受けさせて頂きました。

ウラン 三色 青 緑 金赤 乳白

全体的に一時期より相場は下がっていますが綺麗な氷コップです。もう一色、縁にでも色が入っていれば現在でも結構な値段で買取り出来たのですがあと1歩でした。電笠はまだお使いになっている状態でしたがもう解体するからとの事でご一緒に取り外して下さいました。

フリル 縁 吹きガラス

幾つかはここ数十年の間に新しく買われたものだそうでさほど古くない物も御座いますが殆どが戦前の吹きガラスです。まさに大正浪漫!と言った感じですね。お声掛け頂きありがとう御座いました!

埼玉県川越市のお客様より組み立てていないトミーの旧ゾイドを多数お売り頂きました。

 発売当時、ご多忙のため組み立てる時間が無く、買っては仕舞い買っては仕舞いそのままクローゼットを占領していたそうで今回整理のために旦那様より(泣く泣く)買取りさせて頂きました。

未組立 未開封 ZOIDS 

ウルトラザウルスやデズザウラーなど大型の物から

ZOIDS

小型の物まで。子供では当時ここまで買い揃えられた子は殆どいないのは無いでしょうか。旦那様の心中をお察しすると少し心苦しくありましたが良い状態でこんなに沢山出てくることはめったに無いので当店にとっては嬉しい買取りでした(?)すいません、、、そして、お声掛け頂きありがとう御座いました!

埼玉県川越市のお客様より勲章や従軍記章、鉄瓶、ちゃぶ台、掛軸などを買受け致しました。

  川越市のお客様より遺品の整理で色々と古いものが出て来たから見て欲しいとのご連絡を頂きました。あらかた整理された後で目ぼしい物はまとめてあり、そこにあった物は一部家具類を除き殆ど買取りさせて頂きました。買い取りさせていただいたものの中では国境事変の従軍記章がやや珍しいでしょうか。よく見るものですが支那事変従軍記章、勲八等白色桐葉章も御座いました。

勲章 従軍記章

国境事変の従軍記章は日本国ではなく満州国(満州帝国)が発行したものなので菊の御紋ではなく満州の国章、蘭花御紋徽があしらわれています。国境事変と聞くと、ピンときませんがいわゆるノモンハン事件のさいの従軍記章です。その他、三味線、鉄瓶、銀杯、ちゃぶ台、掛軸など色々とお譲り頂きました。

古道具

お声掛け頂きありがとう御座いました!

埼玉県川越市のお客様より厨子入り木彫観音像(山本瑞雲)などを買取させていただきました

 ご実家の整理にともないお声掛け頂きました。半年ほど前に撒いたチラシを取っておいて頂いたとのことで、嬉しい限りです。買取は茶釜、掛け軸数本、その他贈答品、そして高村光雲の弟子、山本瑞雲の観音様でした。

高村光雲の弟子
山本瑞雲 (1867年~1941年)
明治~昭和の彫刻家 本名:国吉 師:高村光雲

略歴紹介
1867年 伊豆国熱海(静岡県)にて生まれる。
1880年 上京する。
1881年 高村光雲に師事。
1889年 東京美術学校創設では光雲に従い同校助手になる。
1890年 京都、奈良に5年間滞在、国宝修理にも携わる。
1900年 再び上京する。作品を諸種の展覧会に出展しシカゴ万国博の「桓野王」は銅賞牌を受賞する。
1917年 栴檀社を創立し新しい木彫の振興に努める。
1922年 聖徳太子奉讃委員となる。
1936年 浅草寺待乳山祥天の毘沙門天、三方荒神両脇侍を作成する。
1941年 死去。他に茨城県安楽寺の如意輪観音、東京都本郷大円寺の不空羂索観音などの代表作がある。

少し痛みがありましたがとても素晴らしい木彫を買取させて頂き感謝です。ありがとう御座いました!

埼玉県川越市にてお茶道具を買い取りさせて頂きました

 埼玉県川越市のお客様よりご遺品の整理に伴い風炉釜、茶掛け、茶碗、香合などお茶道具を買い取りさせて頂きました。大半は形見分けされて良い物は残っていないけど故人を偲ぶと出来るだけ捨てたくない、兎に角、持って行ける物があればお願い、とお客様。

じっくりお時間をかけて隈なく見せて頂きました。本日は昨日と打って変わって涼しかったのですが作業を始めると直ぐに流れ落ちる汗。まだまだ夏ですね。家屋内ではお着物、物置の奥からは表題の茶道具が色々と出て参りました。

風炉釜や茶碗、香合など茶道具の山

もちろん、当店で販売できるお品物でしたので買取させて頂きました。まだこんなにお金になる物があるとは思わなかった、と、お客様にも喜んで頂き、私も汗だくになったかいがありました!

誠にありがとう御座いました。