恋ヶ窪にて竹籠・竹自在鉤、煎茶器、掛軸、古い着物などを買取りさせて頂きました。

 国分寺のお客様よりご実家に古い物が色々とあるので値の付く物を買取りして欲しいとの事でご依頼頂きました。ただ、大したものは無いかもしれない、無駄足だったら申し訳ない、と電話口の旦那様。全く問題御座いません。。。

ご依頼内容によってはお伺い出来ない場合も御座いますがお伺いするからには出来る限りの仕事をさせて頂きます。結果、何もなくても出張費や見積料金を請求することは御座いませんのでご安心を('◇')ゞ

さて、そんなこんなで恋ヶ窪のご実家へ。早速ですが玄関に腰掛けとして置かれていた古い唐木の丸椅子。こちらも買い取り対象になることをお伝えするとこれも売れるの!?と戸惑う旦那様。その後も各お部屋を回り査定の付けられるお品物をピックアップ。

和田和一斎 竹籠 自在鍵

結果、買い取りさせて頂いたのは写真の素敵な竹籠・竹の自在鉤(在銘)をはじめ、葉盆に掛軸、鉄瓶や錫の煎茶器セット、贈答品、昭和初期頃の打掛、振袖など古い着物、海軍制服などなど、軽く押入れ1つ分ほどの物量になりました。

お声掛け頂きありがとう御座いました!

常盤台のお客様より掛け軸や蒔絵の重箱、吸物椀、着物などをお売り頂きました。

 ご自宅の地下倉庫の整理にともないお声掛け頂きました。地下室にはお爺様が集めたと言う骨董品や絵画、人間国宝の陶磁器などが整然と、そしてギッシリ並んでおりました。。。買取りさせて頂いたのは古い漆器や着なくなった着物、掛け軸など。

掛け軸 蒔絵 重箱 吸物椀

掃除の際にふと箱を開けると古い漆器類に傷みが出始めていたそうで、このまま仕舞い込んでダメにしてしまってはお爺様に顔向けできないと、今回のご相談に至ったそうです。

明治~大正、昭和の初めころの漆器類で一部傷みのあるお品物も御座いましたが今、出来上がったかのような状態の良い品も。個人的には古手の象彦、絵変りの吸物椀が良かったですね(^-^)どれもすぐに大切に受け継いでくれる方の元へ納まると思います!

京都 象彦 絵変り 吸物椀

お声掛け頂きありがとう御座いました!

麻生区にて解体にともないご不用になった古い物を買取りさせて頂きました。

 ご実家解体にともないお声掛け頂きました。どのような物が売れてどのような物が売れないのか良くわからないとの事でしたので、お客様と共に各お部屋を周り2時間ほどかけて弊社で買い取り可能なお品物をピックアップさせて頂きました。出来るだけ古い箪笥などの家具類を、と言うご希望でしたが力不足にて査定が付けられたのは無垢材の本棚1つに小引出しなど小ぶりな家具のみ。。。

白珊瑚原木 茶道具 木版画

その他は以上の写真の通り。茶道具、中国の墨、白珊瑚の置物、いぶし銀の湯沸し、日本軍の双眼鏡、竹の花籠などなど。量としてはお茶関係のお品物が多かったです。そして左下に丸まって見える紙は、、、

土屋光逸 木版画

昭和の初めに摺られた土屋光逸の木版画や、、、

大野麦風 木版画 鶯

魚の版画で人気の大野麦風の雪梅に鶯の図。家具以外は何も無いかも知れないと仰っていましたが色々と御座いました(´▽`)お声掛け頂きありがとう御座いました!

さいたま市緑区の解体現場にて掛軸や火鉢、竹籠など古い物を色々と買い取りさせて頂きました。

 都内の解体業者さんよりさいたま市の現場への出張依頼でした。朝8時に現場へ着くとすでに残置物の片付け作業が始まっています。作業の邪魔をしないよう先回りして買取り、救出(^^;)出来そうな品物をピックアップ。。。2時間ほど汗だくになりつつで査定・搬出。

骨董色々

古い家具もあると言うお話でしたのでトラックにてお伺いしていたのですが箪笥や座机は状態が悪く救出出来ず(>_<)。先々代が骨董趣味だったそうで明治~昭和初期頃までの古道具や掛け軸、壷、花瓶、古銭、刀の鍔、尺八など上げるとキリが無いのですが色々と処分される前に引っ張り出す事が出来ました。

伊万里 金彩 皿
こんな可愛い金蘭手のなます皿も(´▽`)

このところ解体屋さんにあまりお支払いできる現場が無かったので呼ばれる度に心苦しかったのですが今回で名誉挽回!?(^^;)。毎度申し上げますがゴミの様に見える物でも古い家に家財がそのまま残されているような場合はお声掛け下さい!

ご用命頂きありがとう御座いました!

三鷹大沢にて買入れ致しました伊万里焼や九谷焼などの盃洗、蕎麦猪口、皿など。

 三鷹市大沢にて遺品整理にともないお声掛け頂き、骨董がご趣味だった旦那様が馴染みの業者さんや骨董市などで買い集めたお品物を買取りさせて頂きました。刀に始まり茶道具、蕎麦猪口や皿、備前焼の大徳利、花瓶などなどあらゆる「骨董品」が山の様に。

盃洗 蕎麦猪口 伊万里焼

ある程度古い陶磁器から近年になって作られた新しい写しまでまさに玉石混交。立派な箱書きのある水指や茶碗など「お茶の先生の放出品」だと言うシリーズはかなりの大金を払ってお求めになられたそうですが、、、残念ながら新しい複製品でした(>_<)

伊万里 白抜き蛸唐草 

白抜きの蛸唐草文のお皿など、かつて人気があった焼き物は殆ど例外無く写しが作らていますから注意が必要ですね(^_^;)。お声掛け頂きありがとう御座いました!

文京区千石のお客様より買取りさせて頂いた茶入れなどの煎茶器、香合、香炉など。

 文京区千石のお客様より解体前の片付けにともないお声掛け頂きました。先月、一度お伺いし掛軸や絵画、伊万里焼の飾り皿など買い取りさせて頂いていたのですが整理が進むにつれ納戸の奥から古い茶道具らしき物など、古臭い品々が出て来たとの事でお電話頂きました。

香盆 錫茶入

お伺いしてみると高麗青磁の香合や螺鈿の香盆、錫茶入や可愛らしい小さな水晶の香炉などなど。茶道具でも急須や湯呑など煎茶の道具類。お客様は古くて汚れてるから申し訳ないし捨てようか迷ったんだけど、と仰っておりましたが、これです。これなんです!

李朝

前回お譲り頂いた綺麗な掛軸や飾皿も素敵なお品物でしたが、こう言った古いお品物を探しています。結果、お支払いした金額も前回よりも少ない品数ながら倍以上。お聞きするに明治初め生まれの曾祖母のお持物ではないかとの事、捨てられず何よりです(^-^)

お声掛け頂きありがとう御座いました!

多摩市桜ケ丘のお客様より古い煎茶器、掛け軸などの骨董品や茶箪笥を買い取りさせて頂きました。

 多摩市桜ケ丘にて建て替え前の片付けにともないお声掛け頂きました。欅造りの茶箪笥やお婆様がお使いだったという古い木米の急須や中川浄益の建水、古い中国の染付(青華)の湯呑、錫の茶溢しなどの煎茶器、茶道具、紫檀の花台、そして茶掛けにお使いだったと思われる小ぶりな掛軸などを買取りさせて頂きました。

錫 茶入 中川浄益

単品で値の付くお品物から始まりまとめて査定の物、最終的には殆ど値の付けられないお品物もお客様のご要望で引き取りさせて頂きました。ある程度買取りさせて頂いたので当店で捨てずに処理出来そうな物は出来るだけ積み込み、作業終了です。

茶ダンス

茶だんす、飾り棚などの家具類は買い取り出来る物、出来ない物ありますがまずはお気軽にお問い合わせください。お声掛け頂きありがとう御座いました!

荒川区西日暮里のお客様より掛け軸や茶道具などを買い受け致しました。

 荒川区のお客様よりご自宅の建て替えにともなう整理でお電話頂きました。同居のための建て替えとのことで「良いですね~」と私が軽口を叩くと、この家壊すんだから胸が痛いよとご主人様。。。確かに言われてみれば立派な茶室にお庭、壊すには忍びない素敵なお屋敷、軽はずみな発言を反省。

掛軸

お売り頂いたのは床の間も無くなるからと掛軸、、、そして茶道具、鎌倉彫の小引き出しや茶櫃に煎茶器、仕舞い込まれていた贈答品など。終始寂しそうなご主人でしたが最後に捨てずに済んだだけ気が楽になったとのお言葉。買取りさせて頂いたお品物は責任をもって次の方の元へとお届けさせて頂きます。お声掛け頂きありがとう御座いました!

小金井市前原町のお客様より茶道具、掛軸、根付などを買取りさせて頂きました。

 東京都小金井市のお客様より遺品買取りのご依頼頂き、風炉、釜、茶碗などの茶道具、紫檀の煎茶盆、掛軸、象牙糸巻きの三味線、古い吸い物椀など漆器などいろいろとお売り頂きました。

煎茶盆など

お婆様のご実家から引き上げたまま40年以上開けずに仕舞い込んでいたと言う段ボール箱からは古手の伊万里焼の皿や急須、盃洗などが出てきました。

伊万里焼

可愛らしい栗の根付も。

栗 木彫

査定の付く物、付かない物いろいろと御座いましたがお客様のご希望で査定の付かない物も出来るだけ引取りさせて頂きました。お声掛け頂きありがとう御座いました!

新宿区市谷(市ヶ谷)にて中国花瓶や皿、純銀菓子器などのご遺品をお譲り頂きました。

 東京、市ヶ谷にて遺品買取りのご依頼を頂きました。ご実家に古い物が沢山あるのでとにかく見て欲しいとのご要望でお伺い致しました。買取りさせて頂いた主なお品物は明治時代のひな人形・五月飾りや昭和初期~2,30年頃の贈答品だったと思われる花瓶などの陶磁器や七宝花瓶、純銀の菓子器に銘々皿など。

大明萬歴年製 五彩 皿

写真は大清雍正年製銘の粉青釉花瓶と五彩の角皿。少し暗い倉庫内で撮影したので色味が悪いですが現物は鮮やかで澄んだ青色です(;^_^A。角皿はさほど古くありませんが花瓶は清末~中華民国時代と思われます。お聞きすると大陸から引き揚げる際に持ち帰ったものもあるらしい、と言うことですのでおそらくこの花瓶もその内の1点でしょう。

純銀 菓子器 銘々皿

他には唐物は見当たりませんでしたが、、、今回見せて頂いた納戸に仕舞われていたもの以外はだいぶ処分された後でしたので。。。残念。ともあれ、お声掛け頂きありがとう御座いました!

東京都杉並区の解体現場にて掛軸など骨董品の買取りでした。

営業時間外やお急ぎの場合は下記携帯へ。
090-3403-5330(担当:山野)
留守電を残して頂ければ折り返します。

朝一番に解体業者様よりお電話頂き急いで現場へと向かいました。足場が組み終わったら残置物運び出すからそれまでに持って行けるもの運び出して、との事。さて、久しぶりの解体現場です。

玄関からかなりの残置物。パッと見てハイエース1台では積み切れそうになかったのでトラックとスタッフを急遽呼びました。到着するまで一人で品物を選り分け。ついついアチコチ見たくなり気が散ってしまうのですが経験上、端から虱潰しに作業するのが吉。

私が買い取らなければ捨てられてしまう、また処分量が減った方が解体業者さんは喜ぶ、と言うことで迷った物はひとまず箱に入れます。あとで結構捨てるものも出てしまいますが現場であれこれ考え始めると終わりません。。。お昼前にほぼ選別終了。

到着したトラックに家具類を積み込み箱詰めした小物や掛軸、陶磁器、竹籠など骨董品をハイエースに。解体屋さんに代金をお支払いして任務完了。お忙しいところ、積み込みをお手伝い頂き恐縮でした。

解体現場で買取りした骨董品

ハイエースに積み込んだ荷物、、、てこんな写真じゃ面白味が無いですね。

尾形乾山

取り出しやすかった品物を一つ。乾山銘の角皿、、、おいおい他もご紹介していければと思います。お声掛け頂きありがとう御座いました!

埼玉県熊谷市のお客様より蔵から出て来た骨董品や明治、大正時代の古書、エンタイヤなどを買取りさせて頂きました。

 埼玉県熊谷市のお客様より蔵の整理に伴いお声掛け頂きました。お客様ご自身も何が眠っているかわからないと言う古いお蔵。屋根が一部崩壊していたこともあり状態が悪く諦めざるを得ないものも多かったのですが和太鼓や仏具、銅火鉢、書道道具、武具、古民具など色々と買取りさせて頂きました。

戦前 賢人 中国 唐金

中でも大量に出てきたのが明治~昭和初期の教科書や雑誌、剣術の指南書などの書物や郵便物(エンタイヤ)です。恐らく東京の親戚が疎開させて荷物であろうとのこと。疎開させられたまま今日まで眠っていたようで5箱ほどの木箱はどれもしっかり梱包された状態でまるでタイムカプセルです。

蔵から出て来た古本 古本 古文書 エンタ 蔵

100年前の雑誌ですがモダンな表紙ですね。内容も興味深いものが多いのですが眼を通し始めると時間が幾らあっても足りません。七十数年ぶりに日の目を見たわけですがここから新たに大切にしてくださる方の元へと旅立って行く予定です、、、ここまで来たのですからさらに50年、100年と受け継がれていくと良いですね。

お声掛け頂きありがとう御座いました!

港区高輪のお客様より中国の骨董品(耳付花瓶)、紫檀の花台、香炉、長谷川昇の裸婦の油絵、掛軸などを出張買取させて頂きました。

 港区高輪のお客様よりお声掛け頂きました。お客様の所へは2度目の出張買取、前回お伺いした際に買取価格の折り合いがつかなかった掛軸を出して頂けるとの事で再訪問致しました。その後、整理していたら出て来たと言う事で掛軸の他にも油絵や唐木の花台、中国骨董(花瓶)なども合わせて買い取りさせて頂きました。

大清光緒年製 耳付花瓶 掛軸 油絵

掛軸だけのつもりでお伺い致しましたが追加のお品物を出して頂き感謝です。蕎麦釉(茶葉末釉)の双耳花瓶は大清光緒年製の銘。作られたのは清朝末、場合によっては中華民国時代に入った頃かと思われます。

蕎麦釉 茶葉末釉

まだまだ中国人バイヤーの骨董品・古美術品の買い付けの勢いは衰えているようには見えませんが、バブルは弾けたのでしょうか?少し不安ではありますがしっかり買取りさせて頂きました。 お声掛け頂きありがとう御座いました!

杉並区浜田山のお客様より骨董品(紫檀の巻足花台、掛軸、象牙置物)などを買取りさせて頂きました。

 杉並区浜田山のお客様より建て替え前の整理に伴いお声掛け頂きました。明日には処分業者さんが来るとのことで時間の余裕が無い中、骨董品を初め掛軸や象牙の置物、着物などを買取りさせて頂きました。写真は恐らく大正頃からあっただろうと仰っていた唐木の巻き花台です。

巻足花台 紫檀 紅木 花梨

厚みが2cm近い無垢材で作られておりその重さは約6kgと非常に重く、多少の汚れなどは御座いますがガタツキや割れなど無く手入れをしてあげれば更に100年は使えそうなしっかりした状態です。薄いつくりのものは比較的良く買い取りするのですがここまで立派な紫檀の巻き花台はめったに入りません。

限られた時間の中でしたが何とか後世に残すべき品々は買取させて頂けたかと思います。お声かけ頂きありがとう御座いました!

 

東京都目黒区のお客様より骨董品、日本刀(脇差、短刀)などを出張買取りいたしました。

 目黒区八雲のお客様より遺品の整理に伴いお声かけ頂きました。陶磁器や中国土産の掛け軸、七宝花瓶、そして写真の日本刀など色々と買取させて頂きました。

菖蒲造り 平造り

打刀もあったそうですがお父様が生前、出身地の博物館へ寄贈されたとのことです。今回買い取り致しました脇差、短刀も大切にされていたようで少し多いかな、と言うほどに油がひかれていました。

冠落とし

脇差は二振りとも無銘。短刀は兼定の銘が切られています。写真の通り短刀は少し変わった形状をしていますがで冠落とし造りと呼ばれ短刀に良く見られる造りの一つです。惜しいことに刀の傷としては致命的な「脹れ」が1箇所、、、

脹れ傷

上手く写せませんでしたが写真中央の少しねずみ色に見える箇所ですが、次に研いだときには破れてしまいそうな膨れ(膨らみ)が。窓の光にかざして見るとさらに刃切れも、、、買い取り査定は下がってしまい残念ではありますが傷の勉強になる一振りでした。

お声かけ頂きありがとう御座いました!

 

 

1 / 212