多摩市連光寺にてお客様より梅原龍三郎の裸婦像や綬銀製の花瓶、掛軸などを買取致しました。

 連光寺のお客様よりご実家の解体前の整理に伴いお声掛け頂きました。掛け軸などがあるとの事でお伺いさせて頂き、古い茶箪笥から純銀の打出し花瓶、銅水盤、油絵など各お部屋を回りながら査定、買取りさせて頂きました。

梅原龍三郎 裸婦 ブロンズ像

写真中央が梅原龍三郎のブロンズ像。オリジナル作品であれば相当な買い取り額になりますがこちらは梅原龍三郎の作品を元に鋳銅家、田島順三が複製鋳造したもので数が作られているためそれほど高額にはならず。

とは言っても偽物では無く本人存命中に作られたれっきとした龍三郎先生の作品。小品ですし、ほどほどのお値段で巨匠、梅原龍三郎画伯の世界を味わえる有難い存在ではないでしょうか。

お声掛け頂きありがとう御座いました!

2017年12月に投稿したやましょうの記事一覧

トラックバックURL