立川市錦町にて長火鉢や紫檀の座卓などの古い家具類、掛軸、白泥の急須などの煎茶器を買受け致しました。

 錦町にて母屋と蔵の中の荷物を整理したいとの事でお声掛け頂きました。母屋からは作家物の花瓶や壷、茶釜、贈答品など新しめのお品物、蔵からは掛軸や火鉢、鉄瓶、古銭、柱時計、中国の硯などやや古めのお品物を買い取りさせて頂きました。

火鉢 紫檀 座卓 梯子 白泥急須 煤竹 釜敷

蔵は昭和初めに立て替えているそうで残念ながらそれ以前のお品物は無く、骨董品と言うほど古くはない品々。そんな中でも先代がお使いだったと思われる道具の一部には写真の煤竹の釜敷と小ぶりの白泥の急須など、素敵なお品物も。

小ぶりでコロッとした胴に可愛い鉄砲口の急須。良質で繊細な肌は大切に扱わないと壊れてしまいそうな、そして長年大切に扱われてきた先人の温もりを感じるような茶壺でした(´▽`)褒め過ぎですかね?(笑)

お声掛け頂きありがとう御座いました!

2017年4月に投稿したやましょうの記事一覧

トラックバックURL