調布市仙川町にて大野麦風の版画や珊瑚の指輪、茶道具などをお売り頂きました。

 東京都調布市のお客様よりご実家の解体にともないご不用になったお茶道具の買取りのご依頼を頂きました。お稽古用のお茶道具が段ボール2箱ほど、査定を終えてお話しししていると他にも値が付けば、との事。早速、お客様と共に各お部屋を回り値を付けられそうなお品物をピックアップ。

最終的に戦前と思われる古い整理箪笥やガラスの電笠、着物と共にしまってあった珊瑚の指輪、水晶のネックレスなどの古いアクセサリー類、そして木版画を十数枚発見!

 

大野麦風の大日本魚類画集、全72作品の内の金魚、虹鱒、伊勢海老、飛魚など13作品と花鳥の版画が2作品御座いました。どの作品も今にも泳ぎだしそうな、と言いますか水中をまさに泳いでいるような、博物学的に細部までこだわって描かれただけでなく鮮やかな彩色と優雅な姿に見入ってしまう素晴らしい作品ばかりです。

こちらが出て来たのは納戸の奥、タトウに収められれ更に新聞で包まれていたため今回見つけていなければ捨ててたかも、とお客様。。。良い仕事したなぁ(´▽`)なんて自画自賛しつつ帰途についた次第です。お声掛け頂きありがとう御座いました!

2017年3月に投稿したやましょうの記事一覧

トラックバックURL