大田区鵜の木にて中国の掛軸(書画)を買取させて頂きました。

 大田区鵜の木のお客様より生前整理にともないお声掛け頂きました。昔、中国の方と商売を通してお付き合いがあったそうでその時に頂いたという中国、台湾の書画をはじめ端渓硯、象牙の彫刻や煎茶器、その他、骨董・古美術と言うほど古い物は御座いませんでしたが沢山の贈答品(陶磁器)を買取りさせて頂きました。

書画 掛け軸

左は台湾のお坊さんの書、真ん中の2点はお土産物の絵、右側の水墨画は現代中国画壇の一人、張立辰(中央美術学院教授)の作品で時代はありませんが評価の付く1点でした。詳細のわからない中国書画御座いましたらお声掛け下さい。戦前に中国から持ち帰ったようなものは高額査定が付くかも知れません。

お声掛け頂きありがとう御座いました!

2016年2月に投稿したやましょうの記事一覧

トラックバックURL