六本木にて加藤卓男の花瓶など作家物陶磁器、贈答品を買い取りさせて頂きました。

 リフォーム前の整理に伴いお声かけ頂きました。物置部屋に仕舞いこまれていた陶磁器、贈答品、油絵など買取りさせて頂きました。お客様ご自身がお買いになった作家物(加藤卓男、藤原雄、島岡達三など)の陶器類5点は個々に査定。その他は量はありましたが良くある贈答品ですのでまとめて買取査定となりました。

碧釉金彩花生 三彩

加藤卓男は1917年に岐阜県多治見市にて父加藤幸兵衛(五代加藤幸兵衛)の長男として生まれ徴兵、広島での被爆、10年に亘る白血病の闘病を経て1965年にフィンランド工芸美術学校に留学。その後、ペルシャ陶器の研究に尽力しラスター彩をはじめ今回買取りさせて頂いた青釉や正倉院三彩などを復元。1995年には重要無形文化財の「三彩」保持者(人間国宝)に認定されました。2005年に亡くなられましたが長男の七代加藤幸兵衛がその作陶技術を継承し現在も活躍されています。

お声かけ頂きありがとう御座いました!

2015年12月に投稿したやましょうの記事一覧

トラックバックURL