下落合にて日本刀(脇差)、拵を買取りさせて頂きました。

 遺品整理にともないお声掛け頂きました。骨董品などは既に売却、整理され今回買取させて頂きました刀のみ残っていたそうです。どなたも受け継がれる方が居られず今回ご相談頂きました。

日本刀 拵え 摺上無銘

銀被せ飾りのついた拵えも揃っておりました。鎌倉後期~南北朝期に流行った片切刃造りの脇差。登録を見ると擦上無銘となっております。切先などを観察するに鎌倉~室町時代に薙刀として生まれ後世に脇差に直されたいわゆる薙刀直しと思われます。

片切刃、薙刀直しなどと言うと刀としての価値は低く見られがちですが片切刃に鈍刀無しと言う言葉があるように片切刃は焼き入れに高度な技術を要するため腕のある刀匠の作が多いと言われております。

買い取りさせて頂いたこの脇差も出来の良い薙刀を時代に合わせて直して数百年に亘り大切に受け継がれてきた、その物語に思いを馳せるとまた違った価値(ロマン)を感じるのは私だけでしょうか。

お声かけ頂きありがとう御座いました!

 

2015年11月に投稿したやましょうの記事一覧

トラックバックURL