埼玉県熊谷市のお客様より蔵から出て来た骨董品や明治、大正時代の古書、エンタイヤなどを買取りさせて頂きました。

 埼玉県熊谷市のお客様より蔵の整理に伴いお声掛け頂きました。お客様ご自身も何が眠っているかわからないと言う古いお蔵。屋根が一部崩壊していたこともあり状態が悪く諦めざるを得ないものも多かったのですが和太鼓や仏具、銅火鉢、書道道具、武具、古民具など色々と買取りさせて頂きました。

戦前 賢人 中国 唐金

中でも大量に出てきたのが明治~昭和初期の教科書や雑誌、剣術の指南書などの書物や郵便物(エンタイヤ)です。恐らく東京の親戚が疎開させて荷物であろうとのこと。疎開させられたまま今日まで眠っていたようで5箱ほどの木箱はどれもしっかり梱包された状態でまるでタイムカプセルです。

蔵から出て来た古本 古本 古文書 エンタ 蔵

100年前の雑誌ですがモダンな表紙ですね。内容も興味深いものが多いのですが眼を通し始めると時間が幾らあっても足りません。七十数年ぶりに日の目を見たわけですがここから新たに大切にしてくださる方の元へと旅立って行く予定です、、、ここまで来たのですからさらに50年、100年と受け継がれていくと良いですね。

お声掛け頂きありがとう御座いました!

2015年9月に投稿したやましょうの記事一覧

トラックバックURL