練馬区豊玉のお客様より船木研児の飾り皿などを買取り致しました。

 遺品整理のさいにタイミングよく当店のチラシをご覧頂いたそうでお声掛け頂きました。陶磁器やタオル・毛布などの贈答品を多数、そして一番奥の納戸から出て来た古い家具や電笠、そしてタイトルの船木研児の絵皿、ロダンのブロンズ像(縮小複製品)など色々と買取させて頂きました。しきりと未使用の贈答品の方が値が付くと思ってたと驚いていたご主人、運び出しまでお手伝い頂きありがとう御座いました!

皿 黄釉 民藝 
船木研児(1927年~)

布志名焼の窯元、島根県指定重要無形文化財保持者の船木道忠の長男として生まれ布志名焼の黄釉とスリップウェアの技法を組み合わせた作品が多い。父、道忠が抽象的な紋様を得意としていたのに対し研児は具象的な絵柄が多く今回買い取りさせて頂いた鳥の絵に始まり鹿や梟、人物などの飾り皿が多く見られます。

略歴紹介
1927年 島根県で生まれる。
1945年 島根県師範学校本科を中退し父、道忠の作陶を助ける。
1950年 栃木県益子を訪れ濱田庄司に師事する。
      日本民芸館賞を受賞する。      
1959年 日本陶磁協会賞を受賞する。
1967年 イギリスのバーナード・リーリ工房にて研修を受ける。
1969年 日本陶磁協会賞を受賞する。
1986年 第3回茶の湯造形展にて奨励賞を受賞する。
1995年 第12回田部美術館大賞展にて優秀賞を 受賞する。

 

2015年4月に投稿したやましょうの記事一覧

トラックバックURL