立川市曙町にて買取り致しました杉本貞光(立花大亀書付)の花入です。

 先日買取りさせて頂きました信楽焼の名工、杉本貞光の花入です。素朴でいて荒々しい素地に自然釉がかかり部分的に黒褐色の焦げ、背面にはあかく焼けた火色など信楽の特徴が良く見て取れる花入です。杉本貞光が教えを受けたと言う大徳寺の立花大亀による箱書です。

立花大亀書付 信楽焼
杉本貞光(1935年~)

略歴
1935年 東京に生まれる
1968年 信楽山中に穴窯を築窯し茶陶信楽とレリーフの制作を開始する。
1974年 大徳寺立花大亀老師より指導を受ける
    沖縄海洋博にレリーフを制作する。
1979年 茶陶伊賀の研究、制作をする。
    大徳寺・如意庵、東京・日本橋など各地で個展を開く。
1981年 長次郎風の黒茶碗、光悦風の赤茶碗の研究制作をする
1985年 高麗物、井戸、粉引の研究、制作をする
1991年 ロックフェラーセンター・ギャラリーゼロにてアメリカ初の個展を開く
1992年 湯木美術館に作品が収蔵される。
1993年 井戸・粉引・高麗物を制作、発表する。
     ミュンヘン・ギャラリーフレッドハーンスタジオにてドイツ初の個展を開く
1994年 アメリカ、エール大学美術館に作品が収蔵される。
1995年 自然灰釉による彫塑を制作する
1999年 古信楽土を発見する。
2000年 古信楽土再発見及び研究、制作発表する。
2002年 京都・建仁寺晋山記念として井戸茶碗を献納する。
2003年 韓日陶芸展に招待出品し、作品が収蔵される。

2005年 滋賀県立陶芸の森陶芸館に作品が収蔵される。
2006年 伊賀焼専用の穴窯を築窯する。
2008年 アメリカ、クラーク日本美術・文化研究センター館に作品が収蔵される。
2011年 蕎麦、伊羅保の制作完成し野村美術館にて個展を開く。
2012年 アメリカ、ロサンゼルス・カウンティ美術館に作品が展示される。

2015年3月に投稿したやましょうの記事一覧

トラックバックURL