西東京市中町でお譲り頂いた人間国宝の高橋敬典の筒釜、鉄瓶のご紹介です。

 先日買取りさせて頂きましたお茶道具の一つ、人間国宝高橋敬典の釜、鉄瓶のご紹介です。買取をしていても比較的良く出会う釜師の一人でその人気が窺い知れます。どちらも少々錆は御座いますが使用感の少ないお品でした。

筒釜 雲龍紋 浜松地紋

釜の方は雲龍釜と呼ばれる釜で、その名の表すとおり胴部分に雲に乗って昇天する龍が鋳出されております。姿は筒型、大中小のサイズがありますがこちらは中になります。共蓋に付いた掻立の摘も特徴の一つでしょうか。鉄瓶の方は山形の鉄瓶でよく見る意匠の一つ、浜松地紋が鋳出された真形で、銅蓋の付いた鉄瓶です。

高橋敬典(1920~2009年)

略歴
1920年 山形市に生まれる。
1938年 家業の鋳物業を継ぎ茶釜制作に打ち込む。
1951年 日展で初入選する。以降、7回入選。
1961年 昭和天皇の山形県行幸に際し釜を献上する。
1963年 日本伝統工芸展奨励賞を受賞する。
1972年 日本伝統工芸展監査委員となる。
1979年 皇太子明仁親王殿下(今上天皇)の山形県行啓で釜を献上する。
1992年 勲四等瑞宝章を受章する。
1996年 重要無形文化財(人間国宝)「茶の湯釜」保持者に認定される。
2009年 死去 89歳。

釜師敬典の作品、喜んで買い取りさせて頂きます!

2015年3月に投稿したやましょうの記事一覧

トラックバックURL