長野県にて観音像(青木木米)や根付、掛け軸などをお売り頂きました。

 チラシをご覧になったお客様より大正時代に建てられたご実家を解体するとの事でお声掛け頂きました。買い取りできる物があるか分からない状況でしたが「古いお宅」、「何も片付けていない」という事でしたので何か1点でもあればと思い本日お伺い致しました。

国道254号線をひた走り長野県佐久市へ、、、

国道254号線

と言うのは冗談ですが川越街道で馴染みのある国道254号線、実は長野県の松本市まで続いていたんですね、、、今回初めて知りました。実際は高速を使って2時間もかからず目的地へ到着いたしました。都内で渋滞にはまりながらの2時間よりも空いた道路で2時間の方が楽に感じますね。

買い取りの方も手ぶら覚悟ではありましたが大量の着物に始まり陶磁器類、掛軸、根付からヘレンドやリモージュ等の洋食器、そしてこのお屋敷を建てたときから玄関ホールを照らしてきた素敵なガラス照明やユンハンスの柱時計までわざわざ外して頂き、多種多様、大量に買い取りさせて頂きました。量が読めなかったため1人でお伺いしてしまいましたが積み込みをご家族でお手伝い頂き大変助かりました。お声掛け頂きありがとう御座いました!

仏像

東京近郊はもとより関東一円、場合によっては日本全国お伺いいたしますので古いお屋敷を解体される際など、お気軽にご相談下さい。

 

2015年2月に投稿したやましょうの記事一覧

トラックバックURL