埼玉県狭山市のお客様よりリトグラフ(中島千波)などをお譲り頂きました。

 遺品の整理に伴いお声掛け頂きました。書の掛軸や本蛤の碁石に碁盤、お着物、木彫りの仏像、そして絵画、桜のシリーズで人気の作家、中島千波のリトグラフなどなどいろいろと買取りさせて頂きました。お声掛け頂きありがとう御座いました!

身延山枝垂桜
中島千波(1945年~)

略歴紹介
1945年 長野県小布施に生まれる。
1969年 東京芸術大学日本画科を卒業する。
1985年 東京セントラル美術館、裸婦大賞展にて大賞を受賞する。
1990年 横浜三溪園臨春閣の襖絵「不二と桃花図」「松林図」を完成する。
      日本美術院特待となる。
1991年 第46回春の院展、第76回院展にて奨励賞を受賞する。
1992年 長野県に「おぶせミュージアム・中島千波館」開館する。
1994年 鎌倉の鶴が岡八幡宮、斎官貴賓室床の間壁画完成披露。
      伊藤彬、中野嘉之、林功らと「日和麗麗孔雀の図」グループ「目」を結成。
1997年 「中島千波の花宴展」を京都、東京で開催する。
1998年 「花と富士 中島千波屏風絵展」を東京で開催する。
2004年 深川不動堂の内仏殿格天井画「大日如来蓮池図」が完成する。
2006年 小布施名誉町民に選定される。
2007年 東京藝術大学創立120周年記念企画日本美術「今」展を開催する。
2010年 中島千波の花鳥画の世界展-平成花菖蒲
2012年 東京藝術大学退任記念展を開催する。
2013年 東京藝術大学美術学部デザイン科教授を退任する。

2015年1月に投稿したやましょうの記事一覧

トラックバックURL