着物、珊瑚の帯留等を買い取り致しました。

 形見分けしたけど残った着物が沢山あるとの事でお問い合わせ頂きました。兎に角、お金を掛けていらしたそうで量もさることながら上等のお着物が大量でした。証紙の残っている物も多く、また1/3は仕付け糸の付いたまま袖を通されておりませんでした。お着物はどうしても新品でお買いになられた価格からすると二束三文と言われてしまいます。

良い物であればあるほど買い取り額をお伝えし難いのですが出来る限りの価格を提示致しましたところ、お客様には箪笥の肥やしにしても仕方ないし誰かに来てもらえればそれが一番、と仰って頂きご納得頂けたようで一先ず安心致しました。

続けて和装小物を見せて頂きましたが帯留等は形見分けの結果、殆ど残らなかったそうです。が、下の赤珊瑚の帯留はどなたも選ばなかったそうで残っておりました(!)濃い深みのある赤、とても良い色です。そしてこの大きさ、パッと見では滅多に無い大きさなので赤い石か何かで珊瑚とは思いませんでした(汗)。

Pt900台 ダイヤ付き

シンプルなデザインですがPt900の台にダイヤも散りばめられております。大きさが上の写真では分かりにくいと思いますが、

大きさ比較用

幅が50mm程あります。一説には1年間で0.3mm程しか成長しないと言われるサンゴですがこれだけの玉が取れる枝に成長するには、、、数百年?ロマンですね。裏面は天然が故のスなどがありますが表は良い状態です。私もこちらは思い切って値をつける事ができ、お客様にも喜んで頂けました。素晴らしい物をお譲り頂き感謝です。ありがとう御座いました!

着物の山

サンゴと言えば昨年話題になった中国の密漁船ですね。11月終わりころに罰則を強化してから来なくなったようですが、あれって盗り尽くしてしまったから来なくなっただけなんじゃないですかね?悠久の時を経て成長した珊瑚が一網打尽にされてしまったと思うと密漁船には憤りを禁じ得ませんね。

2015年1月に投稿したやましょうの記事一覧

トラックバックURL