東京都台東区のお客様よりトルコ絨毯を譲って頂きました。

 台東区東上野のお客様より購入されたものの一度もお使いにならなかったシルクの絨毯を買取りさせて頂きました。一目見て気に入り、立替後に使う予定で数百万で購入されたそうですが敷いてみたらイメージに合わなかったそうです、、、シルク100%、サイン入り、織り目の細かいトルコのカイセリ地方の高級絨毯です。仕舞っておいても仕方ないから誰か気に入って使ってくれる人の元にお願いします、との事でした。責任を持ってお届けしたいと思います。お声掛け頂きありがとう御座いました!

ペルシャ絨毯

よく絨毯で耳にするのはどちらかと言うとペルシャ絨毯でしょうか。どちらも世界的に名前が知られた人気の絨毯ですが作成地域だけでなく織りの方法にも違いがあります。ペルシャ絨毯は一本の糸に色糸を結んでいくシングルノット(一重結び)で織られており、トルコ絨毯は二本の縦糸に色糸を結んだダブルノット(二重結び)で織られているという大まかな区分けがあるようですがそれも明確に分かれるわけではなく各産地、絨毯によるようです。シングルノットの絨毯は結び目が一つのため細かい模様のデザインが特徴、対してダブルノットの絨毯は二重の結び目が使い込むほどに強く締まり、丈夫で長持ちするそうです。最高級といわれるトルコのヘレケや今回お譲り頂いたカイセリの絨毯はダブルノットで織られているそうです。

今回お譲り頂いた絨毯は未使用の美品でしたが使い込まれたアンティークな絨毯にも新品時と違った独特の風合いがありそれはそれで人気の商品となっております。ボロボロだし汚いし、、、そんな絨毯も高値で売れるかも知れません!?捨てる前に是非ご相談ください。

2014年12月に投稿したやましょうの記事一覧

トラックバックURL