東京都武蔵野市のお客様より版画(ルイ・イカール)、アクセサリー等を買い取り致しました。

 家屋解体にともないお声かけ頂きました。お爺様の代より応接間に飾ってあったそうですが建替え後、飾る予定が無いとの事で買取りさせて頂きました。こちらの作品1点でお伺いしたのですがついでに、と言う事でプラチナ製の馬のペンダントヘッドや其々に0.6カラットのダイヤモンドが付いたイヤリングなどアクセサリーも出して頂きました。ありがとう御座いました!

デリラ louis icart
ルイ・イカール(1888年~1950年)

略歴紹介
1888年  南フランス、トゥルーズ市に生まれる。
1905年 パリにて絵はがき工房の仕事を得、エッチングやリトグラフなどの技術を習得。
1912年 バルセロナのギャラリーにて初の個展を開く。
1913年 ワグラム画廊がルイ・イカールの作品をアメリカに販売。
1914年 ベルギー、ヘントの展覧会に出品、栄誉賞を受賞。
1918年 11月に第一次世界大戦が終戦し、復員。
1920年 シモンソン画廊で油彩画の個展。ファニー・ヴォルメールと結婚。
1922年 ニューヨークの画廊ベルメゾンで個展を開き成功をおさめる。
1927年 レジオン・ドヌール5等勲章を受章。
1932年 ニューヨーク、メトロポリタン画廊で油彩画の展覧会。
1933年 アレクサンドル・デュマ・フィスの著書「椿姫」のポスター制作。
1940年 ドイツ軍の侵攻をテーマにした連作「エクソダス」を制作。
1944年 パリ解放とともに版画制作再開。
1950年 死去

2014年11月に投稿したやましょうの記事一覧

トラックバックURL