神奈川県相模原市にて益子焼花瓶(浜田庄司)などをお売り頂きました。

 遺品の整理のためお声かけ頂きました。コレクションされていたわけではないそうですが益子焼がお好きだったようで益子焼の花器や器が多数ありました。無名から有名作家までさまざまありましたがやはりこの方、人間国宝浜田庄司の掛分耳付花瓶は大切に飾られておりました。

浜田庄司 耳付花瓶

浜田庄司 略歴
1894年 神奈川県で生まれる。
1913年 東京府立一中を卒業後、東京高等工業学校窯業科に入学し板谷波山に学ぶ。
1916年 卒業後、京都陶磁器試験場に入り、河井寛次郎と共に釉薬の研究にあたる。
1920年 帰国するバーナード・リーチに同行し英国へ渡り、同氏と共同し築窯、作陶する。
1923年 ロンドンにて個展を開催し、成功を収める。
1924年 帰国、しばらくは沖縄の壷屋窯などで学ぶ。
1926年 日本民藝美術館設立趣意書の起草に参加する。
1930年 かてより関心を寄せていた益子焼の産地、栃木県益子に移住し作陶を開始する。
1955年 民芸陶器にて重要無形文化財(人間国宝)に認定される。
1961年 柳宗悦の没後、日本民藝館の第二館長に就任する。
1964年 紫綬褒章を受章する。
1968年 文化勲章を受章する。
1977年 自ら蒐集した国内外の民芸品を展示した益子参考館を開館する。
1978年 死去。享年83歳。

沢山の名品をお売り頂きありがとう御座いました。

2014年9月に投稿したやましょうの記事一覧

トラックバックURL